瑞穂の國記念小學院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瑞穂の國記念小學院
Mizuhonokinikinenshogakuin 20170310.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人森友学園
所在地 561-0855
外部リンク 瑞穂の國記念小學院
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

瑞穂の國記念小學院(みずほのくにきねんしょうがくいん)は、学校法人森友学園大阪府豊中市に所在する未開校の私立小学校であり、2017年4月に開校を予定していた[2][3]

沿革[編集]

2014年10月31日、小学校設立認可申請書を大阪府に提出した[4]。大阪府私立学校審議会は、これについて同年12月18日に審議したが、継続審議となったが[4][注 1]2015年1月27日、大阪府私立学校審議会により条件付きで設置認可適当とされた[6]

2015年1月の計画では、敷地面積約8700平方メートル、校舎は木造2階(一部3階)建て、講堂は閑谷学校をイメージしていた[2]

2017年3月10日、学園は設置認可の申請を取り下げ[3]。3月28日、国土交通省の補助金を返還[7]

土地取得・建設の経緯[編集]

2013年9月に、学校法人森友学園は大阪府豊中市の国有地の取得を財務省近畿財務局に要望[8]

2015年5月、10年以内に買い取ることを条件に学校法人森友学園と国との間で定期借地契約が結ばれた[9]

2015年9月4日、学校法人森友学園による私立小学校の校舎及び体育館の建設計画が、国土交通省「平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」の採択プロジェクト(費用補助事業)に決定した[10]。2015年12月に本体工事の着工[8]

2016年3月、学校法人森友学園が地中の大量のごみの存在と、土地を買い取る意向を財務省近畿財務局に報告した[9]。同年6月、土地評価額からごみ撤去費用などを差し引いた金額での売買契約が結ばれ、土地の評価額を9億5600万円、ごみ撤去費用を約8億2000万円とし、評価額からごみ撤去費用などを差し引いた1億3400万円で森友学園側に売却する契約が結ばれた[8]

教育方針[編集]

前森友学園理事長の籠池泰典によると、「礼節を尊び、愛国心と誇りを育てる」教育をめざし、森友学園が運営している幼稚園で園児が身に着けたことを卒園後も持続させるため、小学校の設立を計画していると述べている[11]

校歌[編集]

  • あゝ青春の胸の血は (1964年日活映画「あゝ青春の胸の血は」主題歌 作詞:西沢爽 作曲:遠藤実

アクセス[編集]

学校周辺[編集]

備考[編集]

  • 当初、「安倍晋三記念小学校」という名称で大阪府に打診したところ難色を示され、現院名としたと報じられている[12]。また開学に向けての寄付金集めの際に「安倍晋三記念小学校」の名が用いられていた[13]安倍晋三は、内閣解散後の首相を辞している時期に「安倍晋三小学校にしたい」と打診を受けた際にこれを断り、「まだ現役の政治家である以上、私の名前を冠にするのはふさわしくない。私が死んだ後であればまた別だけれど、私の郷土の先輩である、例えば吉田松陰先生の名前をつけられたらどうかという話をした」と述べている[14]
  • 安倍昭恵は設置認可申請中の一時期、名誉校長であった[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ なお当時近畿財務局長を務めていた枝廣直幹福山市長は、本件につき関知しておらず後任局長への引き継ぎも行っていないとされる[5][リンク切れ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 学校法人森友学園. “アクセス”. 2017年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月18日閲覧。
  2. ^ a b 服部素子 (2015年1月8日). “【関西の議論】安倍首相夫人・アッキーも感涙…園児に教育勅語教える“愛国”幼稚園 「卒園後、子供たちが潰される」と小学校も運営へ(2/4ページ)”. 産経WEST (産経新聞). http://www.sankei.com/west/news/150108/wst1501080001-n2.html 2017年2月17日閲覧。 
  3. ^ a b “森友学園、小学校の設置申請を取り下げ 理事長は退任へ”. 朝日新聞. (2017年3月10日). http://digital.asahi.com/articles/ASK3B562ZK3BPTIL016.html 
  4. ^ a b 第123回国有財産近畿地方審議会 (PDF)”. 財務省近畿財務局. pp. 2-11 (2015年2月10日). 2017年6月18日閲覧。
  5. ^ “森友学園、籠池氏知らず 13~14年の近畿財務局長”. 東京新聞. (2017年3月5日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017030401001869.html 
  6. ^ 大阪府私立学校審議会. “大私審第15号 小学校の設置について(答申) (PDF)”. 2017年6月18日閲覧。
  7. ^ “森友学園、補助金5644万円を全額返金 国交省発表”. 朝日新聞デジタル. (2017年3月29日). http://www.asahi.com/articles/ASK3Y5WZCK3YUTIL045.html 
  8. ^ a b c 森友学園問題”. 朝日新聞. p. 図版. 2017年6月18日閲覧。
  9. ^ a b “森友学園の土地取得、政治家の「口利き」焦点”. 日本経済新聞. (2017年3月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H8K_S7A300C1EA2000/ 
  10. ^ 平成27年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)の採択プロジェクトの決定について (PDF) 平成27年9月4日 国土交通省住宅局住宅生産課木造住宅振興室
  11. ^ 服部素子 (2015年1月8日). “【関西の議論】安倍首相夫人・アッキーも感涙…園児に教育勅語教える“愛国”幼稚園 「卒園後、子供たちが潰される」と小学校も運営へ(3/4ページ)”. 産経WEST (産経新聞). http://www.sankei.com/west/news/150108/wst1501080001-n3.html 2017年2月21日閲覧。 
  12. ^ “「安倍晋三小学校」に府側が難色 設置認可申請前、森友学園打診”. 東京新聞. 共同通信社. (2017年3月1日). オリジナル2017年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170304194002/http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017030101001639.html 
  13. ^ “「安倍晋三記念」名で寄付集め、首相が抗議 森友学園に”. 朝日新聞. (2017年2月24日). http://digital.asahi.com/articles/ASK2S3CQYK2SUTFK005.html 
  14. ^ 南彰 (2017年2月17日). “「安倍晋三小学校、断った」首相、国有地売却の関与否定”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASK2K562KK2KUTFK00Z.html 2017年3月4日閲覧。 
  15. ^ “昭恵氏、新設小学校の名誉校長を辞任 森友学園問題”. 朝日新聞. (2017年2月24日). http://www.asahi.com/articles/ASK2S368PK2SUTFK004.html 

外部リンク[編集]