瑞浪市地球回廊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 瑞浪市地球回廊
Mizunami Earth Corridor
瑞浪市地球回廊の位置(岐阜県内)
瑞浪市地球回廊
岐阜県内の位置
施設情報
愛称 地球回廊
専門分野 地球史
事業主体 瑞浪市
所在地 509-6133
岐阜県瑞浪市明世町戸狩67-1
位置 北緯35度22分26.78秒 東経137度14分14.12秒 / 北緯35.3741056度 東経137.2372556度 / 35.3741056; 137.2372556座標: 北緯35度22分26.78秒 東経137度14分14.12秒 / 北緯35.3741056度 東経137.2372556度 / 35.3741056; 137.2372556
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

瑞浪市地球回廊(みずなみしちきゅうかいろう)は、岐阜県瑞浪市瑞浪市民公園にあった地球史に関する博物館

1993年ふるさと創生事業交付金の一部をあてて地下壕を改修し開設[1]

館内は第2次世界大戦中に掘られた地下壕を利用した全長200mのスペースを「地球の誕生」から始まる12のスペースに区切りパネル等にて展示解説している。瑞浪市で1898年に世界で初めてデスモスチルスの頭蓋骨の化石が発見されたのにちなんで、デスモスチルスが生息していた2,800万年前から1,300万年前の生態を再現したジオラマも展示してある。

2019年度末までの入館者数は98万5395人[1]

施設の老朽化(高湿度による影響、壁面の崩落、消火設備の劣化)や、最新の学術的な知見と異なる展示物の対応などの問題があり、2020年度に廃止されることが決定し[1]2021年3月31日に閉館した。

概要[編集]

  • 開館時間:9:00~17:00 
  • 休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日と翌々日)、年末年始、資料整理など
  • 入館料:大人200円(20名以上の団体は150円)、高校生以下は無料。 
瑞浪市民公園内の「瑞浪市化石博物館」「地球回廊」「市之瀬廣太記念美術館」「瑞浪市陶磁資料館」4館共通券は大人700円
  • 駐車場:60台(無料)

アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c “「地球回廊」老朽化で廃止 飛行機地下工場跡の教育施設”. 岐阜新聞. (2020年8月28日). https://www.gifu-np.co.jp/news/20200828/20200828-268675.html 2020年8月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]