琴若央雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

琴若 央雄(ことわか ちかお、1954年4月7日 - 2016年3月10日)は、北海道増毛郡増毛町雄冬出身で、1970年代に活躍した大相撲力士佐渡ヶ嶽部屋に所属していた。本名は香島 春男(かしま はるお)。最高位は東前頭2枚目(1979年1月場所)。現役時代の体格は197cm、139kg。得意手は右四つ、上手投げ突っ張りなど。

来歴[編集]

雄冬中学校在学時は、野球部に在籍していた(一塁を守り、チームの主軸打者として活躍したという)。相撲の経験は全くなかったが、中学卒業後地元で港湾作業に従事していた際60kg詰めのセメント袋を2つ持ち運ぶ怪力が評判となり、1971年6月頃、佐渡ヶ嶽部屋のマネジャーである大林(二所ノ関部屋に所属した元力士でもあり、現役時代の名は「飛幡山」(最高位:序二段47枚目)、福岡県出身)という人の勧誘を受けて角界入りを決めるに至った。

間もなく上京して佐渡ヶ嶽部屋に入門し、同年7月場所で初土俵。翌9月場所、「琴の花」の四股名序ノ口に付いた。同期の初土俵には、後の大関琴風小結大徹など、多くの関取昇進者がいる。

1977年11月、23歳で新十両に昇進。十両はわずか2場所で突破し、1978年3月場所にて新入幕を果たした。

人並み外れた長身を生かした突っ張りの他左上手投げ、小手投げを得意とした。だが、手首が脆いという欠点があったため、幕内上位では活躍できなかった。

1980年以降は肘や膝の故障もあって低迷し、最後は幕下中位まで番付を下げて1985年9月場所後、31歳で廃業した。

廃業後は一時、東京都新宿区内の相撲料理店(「浜力」、店主は元幕下で、宮崎県日向市出身の先代・琴若)に勤務したがのち帰郷し、北海道留萌市内で相撲料理店「琴若」を営んだ。

その長身から「コンコルド」と呼ばれ、同じ1978年3月場所で新入幕し、「ジャンボ」と呼ばれた天ノ山と共に旅客機にちなんだニックネームが付けられていた。

2015年に体調不良を訴え、病院にて診察を受けた際、悪性腫瘍が発見された。2016年3月10日、留萌市内で死去[1]。61歳没。死因は胆嚢癌で、葬儀と告別式は数日後、留萌市にて行われた(喪主は、長女が務めた)。

主な戦績[編集]

  • 幕内成績:76勝104敗(12場所) 勝率.422
  • 通算成績:425勝419敗7休(85場所) 勝率.504
  • 連続出場:844番(序ノ口以来、1971年9月場所-1985年7月場所)
  • 各段優勝
    • 幕下優勝:1回(1977年9月場所)

改名歴[編集]

  • 琴の花(ことのはな、1971年9月場所-1974年1月場所)
  • 琴若(ことわか、1974年3月場所-1985年9月場所)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 等身大パネルや化粧まわし 「追悼・琴若展」【増毛】 北海道ニュースリンク 2017年3月7日