琴弥山幸基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
琴弥山 幸基 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 湯村 → 琴弥山
本名 湯村→中倉 幸基
生年月日 (1983-07-14) 1983年7月14日(35歳)
出身 島根県出雲市
身長 182cm(現役時)
体重 149kg(現役時)
BMI 44.98(現役時)
所属部屋 佐渡ヶ嶽部屋
得意技 突き・押し
成績
現在の番付 引退
最高位 西十両12枚目
生涯戦歴 397勝403敗7休(114場所)
データ
初土俵 1999年3月場所
引退 2018年3月場所
趣味 遊園地
備考
2018年3月25日現在

琴弥山 幸基(ことみせん こうき、1983年7月14日 - )は、島根県出雲市出身で、佐渡ヶ嶽部屋に所属していた元大相撲力士、本名は中倉 幸基(なかくら こうき)、旧姓湯村(ゆむら)。現役時代の体格は身長182cm。体重149kg。血液型A型。最高位は西十両12枚目(2013年11月場所)。

来歴[編集]

入門前[編集]

小学生時代、巡業で舞の海に稽古を付けてもらった縁で力士を志し、出雲市立第三中学校を卒業後、佐渡ヶ嶽部屋に入門。両親は高校進学を望んでいたが、佐渡ヶ嶽(元横綱・琴櫻)が両親を説得し、中卒入門に至った。1999年3月場所、佐渡ヶ嶽部屋から初土俵を踏む。初土俵時の四股名は本名と同じ「湯村」。同期入門には同部屋の琴光喜の他、高見盛濵錦若荒雄千代白鵬霧の若らがいる。

入門後[編集]

1999年5月場所、四股名を琴弥山に改める。四股名の由来は、地元島根県にある出雲大社の裏山(弥山)から付けられた。同年11月場所、序二段に昇格。2002年1月場所、三段目に昇格。2007年5月場所、初めて幕下に昇格。

2011年7月場所、十両昇進の可能性がある幕下15枚目以内で勝ち越し、翌9月場所、自己最高位の幕下6枚目まで番付を上げるも1勝6敗と惨敗し、番付を大きく落とした。

2013年3月場所、自己最高位タイの西幕下6枚目で4勝3敗と勝ち越し、翌5月場所、自己最高位の西幕下2枚目で4勝3敗と勝ち越した。これで6場所連続の勝ち越しであり、通算300勝も決めた。また、同場所後の番付編成会議で十両昇進が決まった。所要85場所での十両昇進は兄弟子の琴乃峰に並ぶ史上4位タイのスロー出世となった[1]

2013年7月場所、新十両の場所は、6勝9敗と負け越し、1場所で幕下へ陥落したが、翌場所で4勝3敗と勝ち越し、再十両を決めた[2]。翌11月場所は、同じ部屋の関取3人(琴欧洲、琴奨菊、琴勇輝)が中日までに途中休場し[3]、自身も初日から8連敗で負け越し、最終的に4勝11敗の大敗を喫して幕下へ陥落[4]2014年1月場所以降は幕下の番付で取り続けていたが、2017年11月場所で、関取経験後初めて三段目へ陥落した。2018年3月場所限りで、三段目の番付で現役を引退[5]。引退に際して「完全燃焼」と相撲人生を総括した[6]

主な成績[編集]

  • 通算成績:397勝403敗7休(114場所)
    • 十両成績:10勝20敗(2場所)
琴弥山 幸基
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1999年
(平成11年)
x (前相撲) 東 序ノ口 #38
4–3 
東 序ノ口 #3
0–2–5 
東 序ノ口 #49
5–2 
東 序二段 #149
4–3 
2000年
(平成12年)
東 序二段 #119
2–5 
東 序二段 #140
4–3 
西 序二段 #106
2–5 
西 序二段 #131
3–4 
西 序ノ口 #6
6–1 
東 序二段 #57
2–5 
2001年
(平成13年)
西 序二段 #92
4–3 
東 序二段 #66
1–6 
西 序二段 #96
3–4 
西 序二段 #110
4–3 
東 序二段 #86
6–1 
東 序二段 #10
4–3 
2002年
(平成14年)
東 三段目 #92
2–5 
西 序二段 #19
1–6 
西 序二段 #61
4–3 
東 序二段 #36
5–2 
西 三段目 #99
3–4 
西 序二段 #15
3–4 
2003年
(平成15年)
西 序二段 #38
4–3 
西 序二段 #16
2–5 
東 序二段 #47
4–3 
東 序二段 #27
4–3 
西 序二段 #4
2–5 
東 序二段 #40
5–2 
2004年
(平成16年)
西 三段目 #99
3–4 
東 序二段 #14
4–3 
西 三段目 #96
5–2 
東 三段目 #60
4–3 
西 三段目 #44
3–4 
西 三段目 #57
4–3 
2005年
(平成17年)
東 三段目 #40
4–3 
東 三段目 #28
2–5 
東 三段目 #53
4–3 
西 三段目 #38
3–4 
西 三段目 #58
4–3 
東 三段目 #44
3–4 
2006年
(平成18年)
西 三段目 #59
5–2 
西 三段目 #31
3–4 
西 三段目 #46
3–4 
東 三段目 #64
5–2 
東 三段目 #33
2–5 
西 三段目 #57
3–4 
2007年
(平成19年)
東 三段目 #73
6–1 
西 三段目 #17
5–2 
西 幕下 #56
2–5 
東 三段目 #17
4–3 
東 三段目 #7
2–5 
東 三段目 #30
3–4 
2008年
(平成20年)
東 三段目 #44
4–3 
西 三段目 #25
5–2 
東 幕下 #60
2–5 
西 三段目 #26
3–4 
西 三段目 #40
4–3 
東 三段目 #24
6–1 
2009年
(平成21年)
西 幕下 #45
5–2 
東 幕下 #31
2–5 
西 幕下 #46
4–3 
東 幕下 #38
5–2 
西 幕下 #28
3–4 
西 幕下 #36
2–5 
2010年
(平成22年)
東 三段目 #1
3–4 
西 三段目 #13
6–1 
西 幕下 #34
3–4 
東 幕下 #44
4–3 
東 幕下 #35
3–4 
西 幕下 #40
4–3 
2011年
(平成23年)
西 幕下 #33
5–2 
八百長問題
により中止
西 幕下 #23
4–3 
東 幕下 #13
4–3 
西 幕下 #6
1–6 
東 幕下 #24
2–5 
2012年
(平成24年)
東 幕下 #38
4–3 
西 幕下 #30
4–3 
東 幕下 #24
3–4 
東 幕下 #32
4–3 
東 幕下 #27
4–3 
東 幕下 #20
5–2 
2013年
(平成25年)
東 幕下 #12
5–2 
西 幕下 #6
4–3 
西 幕下 #2
4–3 
西 十両 #14
6–9 
西 幕下 #2
4–3 
西 十両 #12
4–11 
2014年
(平成26年)
西 幕下 #3
3–4 
東 幕下 #7
3–4 
西 幕下 #10
3–4 
東 幕下 #15
4–3 
西 幕下 #12
3–4 
東 幕下 #17
5–2 
2015年
(平成27年)
西 幕下 #9
3–4 
西 幕下 #15
1–6 
東 幕下 #45
4–3 
西 幕下 #35
4–3 
東 幕下 #29
4–3 
西 幕下 #20
3–4 
2016年
(平成28年)
東 幕下 #28
5–2 
西 幕下 #16
5–2 
東 幕下 #8
3–4 
西 幕下 #11
3–4 
西 幕下 #17
3–4 
西 幕下 #23
1–6 
2017年
(平成29年)
東 幕下 #45
5–2 
西 幕下 #30
2–5 
東 幕下 #47
4–3 
東 幕下 #38
2–5 
西 幕下 #54
2–5 
西 三段目 #14
6–1 
2018年
(平成30年)
東 幕下 #38
0–5–2 
西 三段目 #13
引退
2–5–0
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

エピソード[編集]

  • 2012年9月場所4日目、この日の取組に勝ち、勝ち名乗りを受けて土俵から降りようとした際に、土俵の踏み段を踏み外して転倒した。怪我はなく、審判の佐ノ山親方(元大関・千代大海)に一礼をしてから通常通り引き上げた。

改名歴[編集]

  • 湯村 幸基(ゆむら こうき) 1999年3月場所
  • 琴弥山 幸基(ことみせん - ) 1999年5月場所 - 2018年3月場所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 琴弥山、史上4位タイのスロー十両昇進
  2. ^ 『相撲』2013年11月号59頁の紹介欄には「9月場所には幕下に落ちていたので出雲ドームがあしらわれた化粧廻しを地元の巡業で披露できなかった。」という趣旨の記述がされていた。
  3. ^ 佐渡ケ嶽部屋 十両琴弥山は7連敗
  4. ^ 『相撲』2013年12月号64頁で「今場所は千秋楽パーティーをやらない方がいいかも」と本人がこの異常事態を物語った。
  5. ^ “元十両の琴弥山が引退表明「けがで苦しかったが、完全燃焼した」/春場所”. SANSPO.COM. (2018年3月24日). http://www.sanspo.com/sports/news/20180324/sum18032417330009-n1.html 2018年3月26日閲覧。 
  6. ^ スロー出世の元十両琴弥山が引退表明「完全燃焼」 日刊スポーツ 2018年3月24日17時35分(日刊スポーツ新聞社、2018年4月4日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]