琉球音階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

現在一般に琉球音階(りゅうきゅうおんかい)と「呼ばれる」音階は、沖縄県全域及び、鹿児島県奄美群島沖永良部島与論島に伝わるレとラを除いたド・ミ・ファ・ソ・シ・ドの5音で構成される音階である。近年は本土でもポップスに採り入れられる場合が出てきている。

しかし沖縄において伝統的にもっとも多く使われてきた音階は、この5音にレを加えたド・レ・ミ・ファ・ソ・シ・ドの6音で構成され、山内盛彬により嬰陰旋法と呼ばれている音階で、「ハイサイおじさん」など近現代の沖縄音楽においても一般的に使われている。ド・ミ・ファ・ソ・シ・ドの5音階を琉球音階と呼ぶことは誤解もしくは不十分な理解に根ざしており、この言葉が広まることによって沖縄の音階に対する理解を混乱させている。

沖縄県は19世紀まで琉球王国であり、本土とは異なる独自の文化が栄えていた。14世紀頃の沖縄は、(南山王国中山王国北山王国)の三山に分かれていたが、1416年に中山王国の尚巴志が北山王国を滅ぼし、1429年には、南山王国を滅ぼし、琉球が統一された。奄美群島では、沖永良部島と与論島が琉球音階であるのは、北山王国の領域であったためと考えられる。奄美群島でも徳之島以北は、本土と同じ五音音階の陽音階であるヨナ抜き音階である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]