理学療法士作業療法士養成施設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

理学療法士作業療法士養成施設(りがくりょうほうさぎょうりょうほうようせいしせつ)とは、理学療法士作業療法士の養成学校のことで、養成学校卒業(卒業見込み)により理学・作業療法士の各国家試験受験資格が得られる。

3年制の短期大学、3、4年制の専門学校もしくは4年制大学である。4年制専門学校においては高度専門士という大学院入学を可能とする学士と同等の資格が得られる。また日本理学療法士協会及び日本作業療法士協会が職能地位向上に向けて、大学での4年制教育を推奨している事などから、昨今は4年制教育が主流となっている。

養成施設の急増[編集]

高齢社会が進み社会保障が課題となるなかでリハビリテーション専門職である、理学療法士・作業療法士の養成が急務となった。それに伴い、養成施設の開設が規制緩和されたのだが、この増加があまりにも急激(理学療法士養成校は2000 年の132 校から2010 年には246 校に増加。入学定員は13000人を超える。)であった為、現状のままでは理学・作業療法士の就業先の確保が困難となることは明白である。また有資格者の急増によって、加速的に進む雇用待遇の低下を抑えるためにも、今後は更なる職域の拡大有資格者の質の確保が重大な課題とされている。

主な学校一覧[編集]

北海道・東北地方[編集]

北海道

青森県

岩手県

秋田県

宮城県

山形県

福島県

関東地方[編集]

茨城県

栃木県

群馬県

埼玉県

千葉県

東京都


神奈川県

山梨県

中部地方[編集]

新潟県

石川県

富山県

岐阜県

福井県

静岡県

長野県

愛知県

関西地方[編集]

三重県

奈良県

京都府

大阪府

和歌山県

  •  和歌山国際厚生学院(理学療法士)

兵庫県

中国地方[編集]

鳥取県

島根県

岡山県

広島県

山口県

四国地方[編集]

香川県

徳島県

愛媛県

高知県

九州・沖縄地方[編集]

福岡県

佐賀県

長崎県

熊本県

大分県

宮崎県

鹿児島県

沖縄県

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 理学療法士の養成は2009年度より上記の短期大学に移行した。2014年度より、作業療法学科も短期大学に移行予定。