現代日本思想大系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

現代日本思想大系(げんだいにほんしそうたいけい)は、1963年(昭和38年)から1968年にかけて筑摩書房から刊行された近代以降の日本思想史叢書である。全35巻。

概要[編集]

幕末期から第二次世界大戦後に至るまでの日本思想史上の重要著作を収録し、各巻冒頭で編者による「解説」、巻末に各著作の「著者略歴」、「関係略年表」を付している(同じ頃、筑摩書房から刊行されていた『現代日本文学大系』(全97巻)がやはり明治維新以後の日本の文学作品を収録対象とした全集であり、姉妹企画としての位置づけがなされていたと思われる)。

巻構成は著者別編集の9巻(福沢諭吉内村鑑三鈴木大拙河上肇西田幾多郎田辺元和辻哲郎柳田國男三木清の著作を扱う)と、全巻の2/3以上を占める主題別編集の29巻に大別され、後者の編集にいくつかの新機軸が見られた。すなわち第9巻「アジア主義」のようにそれまで日本近代史上の負の遺産と考えられていたためきちんとした学問的研究がなされなかったもの、あるいは第10巻「権力の思想」のように狭義の思想史研究の視野に入ってこなかったものに独立した巻を充てている点などである。

第1巻配本は1963年6月刊の第15巻「社会主義」で、1968年2月刊の第22巻「西田幾多郎」をもって全巻の刊行が完結した。

全巻の内容[編集]

カッコ内は当該巻の編集および「解説」執筆者。

  1. 近代思想の萌芽(松本三之介)、1966年1月刊
  2. 福沢諭吉家永三郎)、1963年9月刊
  3. 民主主義(家永三郎)、1965年12月刊
  4. ナショナリズム吉本隆明)、1964年6月刊
  5. 内村鑑三亀井勝一郎)、1963年11月刊
  6. キリスト教武田清子)、1964年12月刊
  7. 仏教吉田久一)、1965年5月刊
  8. 鈴木大拙増谷文雄)、1964年10月刊
  9. アジア主義竹内好)、1963年8月刊
  10. 権力の思想(神島二郎)、1965年11月刊
  11. 実業の思想(長幸男)、1964年5月刊
  12. ジャーナリズムの思想(鶴見俊輔)、1965年6月刊
  13. 文学の思想(中村光夫)、1965年3月刊
  14. 芸術の思想(矢内原伊作)、1964年8月刊
  15. 社会主義大河内一男)、1963年6月刊
  16. アナーキズム松田道雄)、1963年10月
  17. ヒューマニズム小田切秀雄)、1964年3月刊
  18. 自由主義多田道太郎)、1965年8月刊
  19. 河上肇大内兵衛)、1964年2月刊
  20. マルキシズムⅠ(内田義彦大塚久雄松島栄一(解説))、1966年3月刊
  21. マルキシズムⅡ(竹内良知)、1965年10月刊
  22. 西田幾多郎西谷啓治)、1968年2月刊
  23. 田辺元辻村公一)、1965年4月刊
  24. 哲学思想(下村寅太郎古田光)、1965年9月刊
  25. 科学の思想Ⅰ(井上健)、1964年4月刊
  26. 科学の思想Ⅱ(上山春平川上武筑波常治)、1964年9月刊
  27. 歴史の思想(桑原武夫)、1965年1月刊
  28. 和辻哲郎唐木順三)、1963年7月刊
  29. 柳田國男益田勝実)、1965年7月刊
  30. 民俗の思想(益田勝実)、1964年1月刊
  31. 超国家主義橋川文三)、1964年11月刊
  32. 反近代の思想(福田恆存)、1965年2月刊
  33. 三木清久野収)、1966年5月刊
  34. 近代主義日高六郎)、1964年7月刊
  35. 新保守主義林健太郎)、1963年12月

後継の出版企画[編集]

筑摩書房は本シリーズに続き、1968年 - 1971年には、第二次世界大戦後の著作を中心としたテーマ別編集の『戦後日本思想大系』(全16巻)、1969年 - 1972年には、上代から幕末までの人物を軸とした『日本の思想』(全20巻)を刊行。

1975年以降は、『現代日本思想大系』とほぼ同じコンセプトの『近代日本思想大系』が刊行し、1990年に全32巻で完結したが、こちらは戦後の著作も収録した現代日本思想大系と異なり、1945年敗戦以前の著述刊行が対象であり、また巻構成もテーマ別編集をとらず著者別編集を主軸とするものであった(ただし著者別編集から漏れたものとしては、追補的な時代別アンソロジーとして「明治思想集」・「大正思想集」・「昭和思想集」が編まれ、そちらに収録された)。

関連項目[編集]