珍渦虫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
珍渦虫属 Xenoturbella
分類
: 動物Animalia
亜界 : 左右相称動物 Bilateralia
階級なし : 新口動物 Deuterostomia
: 珍無腸動物門 Xenacoelomorpha
: 珍渦虫科 Xenoturbellidae
: 珍渦虫属 Xenoturbella
下位分類群
  • X. bocki Westblad, 1949
  • X. westbladi Israelsson, 1999 ほか

珍渦虫(ちんうずむし、Xenoturbella )は、バルト海太平洋の海底に生息するウズムシ様の左右相称動物の一種。1属2種のみが知られていたが、2016年までに新たな4種が報告された。分類上の位置が永い間定まらない謎の多い動物であるが、無腸動物と近い発生型を持つことが判明し、また、ミトコンドリアゲノム解析から動物の進化の初期段階に位置する単純な生物という説[1][2]が出ている。

概要[編集]

1878年に発見され[3]1949年に報告されたが[4]、その分類は長らく謎で、渦虫の珍しい仲間だと思われていた[3]。一時は二枚貝に近い軟体動物であろうとされたが(Noren & Jondelius, 1997) 、あまりにも体の構造が異なることから、この論は驚きをもって受け止められた。しかし実際には、これはサンプルにこの動物が食べた軟体動物幼生が混入していたためらしい(DNAサンプルにもこれが混入して誤認された)。

2003年にDNAによる系統研究が行われ、新口動物に属する独立のグループとされた(Bourlat et al., 2003)。さらにその後の詳細な研究の結果、独立の門「珍渦虫動物門」(Xenoturbellida)とされていた(棘皮動物などに近い。Bourlat et al., 2006)。

2011年に中野裕昭は、X. bockiの自然産卵による卵と胚の観察結果を報告し、摂食性の幼生期を経ない直接発生型であることから無腸動物(Acoelomorpha)とともに「珍無腸動物門」(Xenacoelomorpha)という動物門を構成することを提唱した[5][6]。2016年に発表された研究結果では、ゲノム解析によっても無腸動物と姉妹関係にあることが示された(Rouse et al., 2016)[1]

形態[編集]

長さは4 cm以下でやや細長く、扁平で左右対称。体制は非常に単純で、中枢神経系や、生殖腺その他の独立した器官体腔もない。下向きのとそれに続く""だけがあり、肛門はない。表面に繊毛があり散在神経系はある。

生殖法も不明であるが、産卵し、無腸動物と同じく、摂食性の幼生期を経ない直接発生型である。

[編集]

Xenoturbella 属は次の6種からなる。今のところ上の2種はバルト海で、下の4種は太平洋東部で見つかっている。

  • X. bocki Westblad, 1949
  • X. westbladi Israelsson, 1999
  • X. monstrosa, 俗称「紫の靴下(purple sock)」。体長20cmと既知のものより大型。[2]
  • X. hollandorum
  • X. profunda
  • X. churro

脚注[編集]

  1. ^ a b Rouse, Greg W.; Wilson, Nerida G.; Carvajal, Jose I.; Vrijenhoek, Robert C. (2016-02-03). “New deep-sea species of Xenoturbella and the position of Xenacoelomorpha”. Nature (530): 94-97. doi:10.1038/nature16545. http://www.nature.com/nature/journal/v530/n7588/full/nature16545.html. 
  2. ^ a b Morelle, Rebecca (2016年2月3日). “Mystery of deep-sea 'purple sock' solved”. BBC. http://www.bbc.com/news/science-environment-35482467 
  3. ^ a b TSUKUBA FUTURE #005:珍渦虫を知っていますか 筑波大学
  4. ^ 謎の深海生物、60年経て正体判明 CNN.co.jp、2016年2月5日
  5. ^ 中野裕昭、「ないない尽くしの謎の動物 珍渦虫の進化と系統」『生物の科学 遺伝 Vol.65』pp74-79、2011年、東京、エヌ・ティー・エス
  6. ^ 中野裕昭、「無腸類と珍渦虫の系統学的位置」『うみうし通信』、2011年、財団法人水産無脊椎動物研究所

参考文献[編集]

  • S. J. Bourlat, C. Nielsen, A. E. Lockyer, D. Timothy, J. Littlewood, M. J. Telford (2003). "Xenoturbella is a deuterostome that eats molluscs". Nature 424: 925-928.[1]
  • S. J. Bourlat, T. Juliusdottir, C. J. Lowe, R. Freeman, J. Aronowicz, M. Kirschner, E. S. Lander, M. Thorndyke, H. Nakano, A. B. Kohn, A. Heyland, L. L. Moroz, R. R. Copley, M. J. Telford (2006). "Deuterostome phylogeny reveals monophyletic chordates and the new phylum Xenoturbellida". Nature 444: 85-88.
  • O. Israelsson (1999). "New light on the enigmatic Xenoturbella (pylum uncertain): ontogeny and pylogeny". Proceedings: Biological Sciences 266 (1421) : 835-841. [2]
  • M. Noren, U. Jondelius (1997). "Xenoturbella's molluscan relatives...". Nature 390: 31-32.

外部リンク[編集]