椎根津彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
珍彦から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
椎根津彦 /『前賢故実』より

椎根津彦(しいねつひこ、『日本書紀』)、槁根津日子(さおねつひこ、『古事記』)、または珍彦(うずひこ)は、記紀に登場する国つ神神武東征において登場する。倭国造(倭直部)の祖。

概要[編集]

神武天皇が東征において速吸門で出会った国つ神で、船路の先導者となる。このとき、『日本書紀』では曲浦(わだのうら)で魚釣するところをの棹を授けて御船に引き入れて名を珍彦(うづひこ)から椎根津彦に改めさせたとあり、『古事記』では甲羅の上に乗っていたのを棹をさし渡し御船に引き入れて槁根津日子の名を賜ったという。

その後、神武天皇に献策し、兄磯城を挟み撃ちにより破る。

速吸門については諸説ある。『日本書紀』では豊予海峡を指すと考えられており、大分県大分市佐賀関には、椎根津彦を祀る椎根津彦神社がある。『古事記』では吉備国児島湾口を指すと考えられる。岡山県岡山市東区水門町には、珍彦(宇豆毘古命、うづひこのみこと)の乗った大亀の化身とされる亀岩を祀る亀石神社(かめいわじんじゃ)がある。あるいは『古事記』が吉備の高島宮から浪速に行く間に速吸門を通ったとある点から、これを明石海峡とする考え方もある[1]

また、椎根津彦命を祭神とする神社には、兵庫県神戸市東灘区本山町保久良神社がある。保久良神社由緒書によると「社名の起因も 1、椎根津彦命の子孫たる倉人水守等が祖先を祭祀し奉る 2、三韓役の戦利武器を収蔵するより」とあり、神武東征時速吸之門(明石海峡)に現れて軍勢を先導したとある。

椎根津彦命は保久良神社の南に位置する神戸市東灘区の青木(おうぎ)の浜に青亀(おうぎ)の背にのってこの浜に漂着したという伝承があり、それが青木(おうぎ)の地名の由来となった[2]

吉井良隆は保久良神社について「椎根津彦命は大阪湾北側を支配する海部の首長であったとされ、西宮夷(兵庫県西宮市西宮神社)の奥夷社の元宮」と推測している[3]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 『日本古典文学大系 67 日本書紀・上』1967年、岩波書店、p.190、頭註
  2. ^ 『神戸の神社 市内310社案内』2000年、兵庫県神社庁神戸市支部 編著
  3. ^ 『日本の神々―神社と聖地―3 摂津・河内・和泉・淡路』2000年、谷川健一大和岩雄落合重信、河尻正、小林章、武田信一、田村利久、東瀬博司、濱岡きみ子、林利喜雄、古田実、松下煌、松本翠耕 編著、白水社

外部リンク[編集]