王立強事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王立強事件(こうりつきょうじけん) 、王立強共産党スパイ事件[1]、王立強脱党事件[2]は、2019年11月下旬に両岸三地中国語版オーストラリアを巻き込んで国民の関心を呼んだ国境を越えた政治事件である。

この事件は、2019年11月23日にオーストラリアのメディアで報道されたことを皮切りに公となった。 それに先立つ2019年4月23日、中国人民解放軍総参謀部[注釈 1]に所属していると主張する福建省人の王立強は、観光ビザ[3]でオーストラリアに入国し、オーストラリア保安情報機構(ASIO)に「自首」して、オーストラリア政府に政治亡命を要請した。 オーストラリアのメディアは、2019年末に中国当局によるオーストラリア議会への浸透疑惑事件に注目し始め、すぐにオーストラリアと台湾と中国の両側で懸念が高まり、また彼のスパイとしての地位や経験の信憑性についても論争が起こった。

人物[編集]

王立强
生誕 (1993-02-24) 1993年2月24日(28歳)
(1993-04-18) 1993年4月18日(28歳)[注釈 2]
中華人民共和国の旗 中華人民共和国福建省南平市光沢県
職業スパイ
著名な実績中国共産党のスパイであると主張し、香港、台湾、オーストラリアでのスパイ活動についてメディアの取材を受ける

王立強(英語名:William, Wang Liqiang、1993年4月18日生まれ[注釈 2])は、福建省南平市光沢県[5]の中流階級の家庭に生まれ、父親は中国共産党員であった。 安徽財経大学中国語版に進学し、油絵を学ぶ。 妻の方[注釈 3]は、2012年からオーストラリアに留学している[3]蔡正元中国語版は王立強と彼女の2017年の結婚について言及している。 妻は学生としてオーストラリアに滞在していた[6]。 2人には2017年以降に生まれた子供がいる[3][注釈 4]

その後、上海市公安局中国語版は、11月23日の情況通報[8]で、王立強は事件に巻き込まれた逃亡者であり、無職であると述べている。 同氏は、2016年10月に詐欺罪で福建省光沢県人民法院から1年3ヶ月の禁固刑と1年6ヶ月の執行猶予を言い渡されたことがあります。 王立強は2019年2月に再び詐欺罪で460万元以上を詐取したと告発された。4月10日、王立強は香港に向けて出発した。4月19日、静安分局は王立強の詐欺事件の調査を開始した。

2020年1月9日に中国国民党が開催した記者会見で公開された、王立強の元上司である陸趙亮が2019年11月下旬に撮影したビデオ記録によると、王立強は陸趙亮が所有する上海の会社で働いていた。 王立強は、陸趙亮の妻の家族の仲間だった。 2016年に妻の故郷を訪れた陸は、夕食会で王立強と出会い、大学を卒業したばかりの王立強を上海に招き、陸の会社で運転手として働いてもらった。 王はその後、向心と出会った。 王立強、陸趙亮、向心の3人は香港で出会った。 陸は録音の中で、王は過去に光沢県で詐欺を働いたことがあり、陸の会社に来てからも会社の財産を詐取し続け、それを知った陸が王に懺悔の手紙を書かせたり、書類を押収したりしたとも語っている。 王は家族の車も売ってしまった。 2019年4月[注釈 5]、王は460万元の詐欺罪で起訴され、4月19日に事件が発生したが、王はオーストラリアで妻子と再会するため、5月にオーストラリアへ出発した。 そして2019年11月24日、陸は刑事警察から電話を受け、王立強を知っているかどうか尋ねられ、供述と撮影のために事務所に来てほしいと言われた[7]

スパイ活動の供述内容[編集]

2019年11月の王立強の供述によると、中国人民解放軍総参謀部に所属していたが[注釈 1]、具体的な所属部署や個人的な立場、階級、中国共産党員であったかどうかは不明である[注釈 6]。 22014年に香港に移住した際に、大学の先輩に勧められて上海市公安局中国語版に就職したことをきっかけに、スパイとしてのキャリアをスタートさせた。2015年、王は妻の龚青を通じて湘信の信頼を得て、参謀本部の香港・台湾での諜報活動の中核を担うようになった[注釈 7]

2016年1月、参謀本部は廃止され、その機関は中央軍事委員会の統合幕僚部など7部に再編された。 2019年4月23日、王立強は妻と息子を訪ねるためにオーストラリアに入国し、5月下旬、王は中国当局から2つの偽造パスポートを含む一連の書類を受け取り、2020年中華民国総統選挙に介入することを割り当てられたという。 これにより、王立強はオーストラリア保安情報機構(ASIO)に「亡命」し、オーストラリア政府に保護を求めることを決意した[3]

11月23日、王立強はオーストラリアのメディアに共同インタビューを行い[9]、自分は中国共産党のスパイであると主張した。 インタビューの中で、王立強は自分は香港で中国政府と人民解放軍の香港での情報活動を担当しており、偽造IDを使い、韓国のパスポートを持ち、台湾で活動したことがあると述べた。 香港の銅鑼湾書店事件で李波の誘拐を計画し、香港の高等教育機関に潜入し、台湾で数十億人民元を使って、2018年中華民国統一地方選挙に影響を与え、中国国民党の勝利に貢献することに成功し、さらには2020年中華民国総統選挙に影響を与えようとしたと主張した[10]

香港の活動[編集]

王立強によると、香港の高等教育機関は主要な活動領域の1つであり、同組織は「学生会などの学生組織を含むすべての大学に浸透している」という。 彼は、奨学金、旅行助成金、同窓会組織、教育基金を使って大陸の学生を募集する責任者でした。 中国共産党は、一部の学生を学生団体に参加させ、香港独立を支持するふりをさせ、独立派の社会活動家の情報を入手し、個人や家族の経歴を開示させる[3]。 王はまた、銅鑼湾書店経営者である李波の誘拐や、香港の反体制派に対するサイバー攻撃への関与にも言及した。 中国共産党が李博を誘拐したのは、書店が『習近平と六人の女『原書:習近平和他的六個女人』』など中国共産党を怒らせる本を売っていたからだという[11]

台湾の活動[編集]

オーストラリアのメディアは、王立強の発言を引用して、龔青(中国創新投資中国語版の理事長兼CEOである向心の妻)という女性が、台湾の選挙を操作する責任者であったと報道した。 王立強は2020年に韓国瑜を選挙で当選させ最終的に中国共産党が台湾を支配することに貢献するために、龔青という人物が台湾の選挙を操作する責任者であったと語った。台湾の選挙を操作するための作戦として、2018年に民進党を攻撃するためのネット企業に資金を提供し、20万以上のネットアカウントを作成して韓国瑜のファングループを立ち上げたり、学生グループなどを組織したとした。中天中視東森TVBS中国語版などに15億元以上を投資し、中時旺旺中国語版が主要な味方であるとした[10]

オーストラリアでの活動[編集]

オーストラリアのメディアが11月23日に中国共産党のスパイである王立強を公に報じたのは、2019年後半から始まる中国当局によるオーストラリア議会への浸透疑惑事件に注目している時期と重なる。

各方面の反応[編集]

オーストラリア[編集]

オーストラリアのスコット・モリソン首相は、王立強の主張を「非常に不安視している」と述べた[12]。2019年11月24日、オーストラリア保安情報機構は、王立強の申し立てを「真剣に受け止めている」ことを確認する声明を出したが、事件の詳細についてはコメントしなかった[13]

オーストラリア労働党のアンソニー・アルバネーゼ英語版党首は、王の離反に「真剣に対処しなければならない」と述べた[14] 。 オーストラリア自由党のアンドリュー・ハスティ英語版は、王を「民主の友人」と呼んだ [15] 。 両者は、王の政治亡命申請を承認するよう政府に求めた。

11月25日、この問題を調査している政治アナリストのAlex Joskeは、シドニー・モーニング・ヘラルド紙に記事を掲載し、王氏が今年オーストラリアの観光ビザを申請するために中国本土の警察から犯罪歴がないという証明書を取得したことや、王が犯したとされる犯罪に関する情報がネット上で見つからないことなど、中国大陸の政府関係者の最近の発言が疑わしいと主張した。 記事では、王の主張が完全に真実ではないかもしれないと認めていますが、それでも検証可能な詳細がたくさんあります。 この記事では、「真実のすべてを知ることはできないかもしれない」と認めている[16]

11月29日、「Sky News Australia英語版」紙は、「多くの諜報機関の上級の情報源」を引用して、王の疑惑は「非常に疑わしい」と述べた。 情報機関が火曜日にモリソン政府の国家安全保障に関する内閣委員会に提出した助言によると、王はおそらく(せいぜい)低レベルの仕事に就いており、オーストラリアの諜報活動にはほとんど役に立たなかったという[17][18]。30日には、オーストラリアのデイリー・テレグラフ紙が「China Spy Farce」という見出しでこのニュースを報じ、王立強が高官としてではなく、せいぜい低レベルの諜報活動に従事していたことを示唆していた[19][20]

オーストラリアの政治アナリストであるAlex Joskeは、今回の暴露によって疑問が生じたものの、王立強は間違いなく中国共産党のスパイであり、彼の上司である向心は間違いなく過去に中国共産党の腐敗したスパイシステムの一部であったとの確信を深めていると述べている[21]

中華人民共和国[編集]

11月23日、国務院台湾事務弁公室馬暁光報道官はインタビューに応じ、「大陸側が台湾の選挙に干渉したことはなく、関連報道は全く意味のないものだ」と述べ、さらに、この時期に誰がこのようなメッセージを練り上げたのか、誰が台湾の選挙に干渉し、不正な選挙利益のために利用しようとしているのかと疑問を呈し、「一般の台湾同胞はこれをはっきりと見ていると思う」と語った[22]

上海市公安局中国語版は11月23日、メディアで本名が報じられていた王立強が2016年に詐欺罪で有罪判決を受け[23]、2019年にも輸入車への架空の投資プロジェクトで詐欺罪の疑いをかけられ、犯行後に逃亡していたこと、中華人民共和国のパスポートと香港永久居民身份証中国語版がいずれも偽造であったことを明らかにした[3][8]

11月27日、環球時報の記者が福建省南平市の広済県人民法院で入手した法廷映像を、詐欺の疑いで同法院で裁かれている王立強の法廷映像であると掲載しました。 ビデオの中で王立強は、光沢県に住む学部生だと言い、「法律に対する意識が低い」と言い、「裁判所が軽く処理してくれることを望んでいる」と12万元を詐取した事実を告白しています。 最終的には、懲役1年3ヶ月、執行猶予1年6ヶ月の判決を受けた[5]

11月27日に行われた国務院台湾事務弁公室の定例記者会見で、朱鳳蓮報道官は、王立強事件に関する台湾人記者からの質問に対し、王を「偽りのスパイ」「反中勢力が作り上げた不条理で欠陥のある『台本』」と呼んだ。民進党当局は、不正者と提携して大規模な政治工作を行い、不正な選挙の自己満足のために、いわゆる「大陸の台湾地方選挙への介入」という幻想を抱かせることを意図していると述べた[24]

香港[編集]

中国創新中国語版中国趨勢中国語版は、両社および中国創新中国語版のCEOである向心がいかなる諜報活動にも関与したことはなく、王立強が両社の従業員であったことはないとする声明を発表し、この情報は不条理であり、純粋に架空、虚偽のものであるとしている[25]

銅鑼灣書店の株主兼従業員の一人である林栄基中国語版は、蘋果日報のインタビューの中で、勾留中に作戦を実行・計画していた中央専案審査小組中国語版の幹部と接触したが、王立強とは会っていないと語っている。 王が詳細を語らずに説明した銅鑼灣書店の事件は「聞いた話ではないか」とした。 そして王が述べた「習近平和他的六個女人」の本を出版する計画も、自分が知っている真実とは相反するものだと言及した[26]

サウスチャイナ・モーニング・ポストは、香港フィナンシャルタイムズ中国語版の論評も引用し、王立強の情報の多くは単に自己完結しておらず、インタビューは様々なニュースの伝聞をつなぎ合わせたニュースクリップのように聞こえ、裏付けのある内容に欠けていると述べている[27]

台湾[編集]

台湾の泛緑連盟泛藍連盟の政党は、事件に対する解釈が大きく異なっている。 中華民国政府の検事は、事件が起こるとすぐにオーストラリアと台湾に飛んで調査を行った。 龚青夫婦は出国を制限されました。 台湾側は、ファイブアイズの情報交換ネットワークを通じて王立強の英語版報告書を知り、オーストラリア側も台湾側に王立強の報告書の真偽を確認していた[28]中国国民党は、王立強の総統候補である韓国瑜に対する非難に反論し、王立強は詐欺師であり、コメントを広めることにもっと慎重になるべきだと主張した[29]。 また、香港メディア「立場新聞」の報道によると、王立強は、2018年中華民国地方公職人員選挙中国語版において、高雄市長選の候補者で国民党の候補者であった韓国瑜が、同年の選挙に勝つために中国共産党から2000万元の政治献金を受けたと主張している。 韓国瑜は、「2,000万元の話はやめてくれ、私は1ドル、共産党のお金をもらっているならば高雄市長を辞める。」「今年の総統選挙では、中華民国の大統領に立候補するために、共産党から1ドルをもらったんだ、1ドルでいい、そうしたら総統選挙を辞退する。」と回答した[30]

11月24日、オーストラリアのテレビ局ナイン・ネットワークの調査報道番組「60 Minutes英語版」で王立強のインタビューが放送され、王は疑惑に対抗するために内部事情を明かした[31]。インタビューを見た台湾緑党は、「王立強」は役員の偽名に過ぎず、中国当局が発行した公式声明や文書はすべて偽物であると主張した[32]が、インタビューでは「王立強」が偽名であることには触れず、偽造パスポートに記載されている「王立強」は本名ではないと述べただけだった。 11月29日、台湾ファクトチェックセンターは、当該記者に確認した結果、「王立強」が偽名ではないことを確認した。 インタビューでは、「王立強」が偽名であることには触れておらず、偽造パスポートに記載されている「王立強」が本名ではないことだけが伝えられていた[33][34]ラジオ・フリー・アジアのコメントでは、中国大陸の警察からのビデオは明らかに大きく編集されており、映像がぼやけていたり、音が不明瞭だったりして、あまり信憑性がないと指摘されている[35]

王立強が24日に向心と龚青を暴露した後、法務部調査局の桃園市調査処は24日夜、出国しようとしていた向心と龚青を桃園国際空港で行政調査の名目で呼び止め[36]、調査に協力するよう求め、25日早朝、桃園市調査課は召喚状を出して二人を連行して調査した[37]。 調査局国家安全維護処と桃園市捜査処が2人の取調べを終えた後、2人は台北地方検察庁に移送されて再取調べを受け、事件は台北地検署中国語版に引き渡されて捜査が行われた[2]。 こうして、犯罪捜査の司法段階に入った[2]。 25日の早朝、台北地方検察庁は、向心と龚青の取り調べを終え、二人は台北地検署中国語版第5支局を後にした。 検察官は、2人が国外へ出ることを制限しつつ、自由に移動できるように命じた。 関連報道によると、2人は取り調べの際、王立強を知らないと主張し、事件との関連性を否定したという[36]

発覚後、中華民国の蔡英文総統は、中国が台湾の選挙に介入する意図は「非常に明確である」と答えた[30]壹週刊中国語版によると、11月25日、彼女は中華民国国家安全局に対し、中華民国の複数の当局と連携して事件を調査するための「直ちに作戦を開始する」よう指示し、オーストラリアにスタッフを派遣して現地の情報当局と連絡を取った[1]。 なお、中華民国国家安全局が検証を行わずに調査のために役員をオーストラリアに派遣したとの報道は、関係当局から確認されていません。 この事件は国際的な安全保障協力に関わるものであり、司法が調査中の事件でもあるので、憶測で結論を急ぐ必要はない[38]と中華民国総統府はアナウンスしている。

中華民国国防部参謀本部軍事情報局の元副局長である翁延慶は、王のインタビューの内容から、彼が中国共産党のスパイでは全くなく、国外追放されないように戦うために政治犯を名乗ってオーストラリアでの居住権を得ようとしていることが容易にわかるとし、インタビューの不合理な点を10個挙げた。 インタビューの結果、彼は嘘をつくことすら素人であり、中国共産党の情報システムや国際的なスパイ活動のやり方についての理解も非常に浅いことが明らかになった。 彼が台湾について知ったのは、海外で台湾の衛星テレビを見たからだろう。 一方、2人の元台湾の情報システム関係者と対峙した王立強のレトリックは、オーストラリアでの在留資格を得るためにメディアに露出したという素人丸出しのものだった[39][4]。 台湾のトークショーで、台湾のベテラン軍事ジャーナリストの吴明杰は、王立強がこのような形で自分をさらけ出すことを選んだのは、彼が周辺の情報組織に属していて、核心的な内容にアクセスできなかったからだと主張した[40]

中国国民党蔡正元中国語版副秘書長は、独自のルートで、王立強が過去に学んだ安徽財経大学中国語版の卒業生や教師に連絡を取り、王が2015年に学生の卒業前夜に両親を詐取し、その後2019年2月に上海で460万元を詐取し、夫婦の偽造書類を偽造して2019年4月に香港に逃亡したと主張した[41]

関連項目[編集]

注略[編集]

  1. ^ a b 媒体报道[3]使用的中文名称是“中國國防總參謀部”,正确的称谓为中国人民解放军总参谋部,已于2016年1月撤销并改组为包括中央军委联合参谋部在内的七个部门。因此稱呼不是官方名稱,未知王立强的具体服务部门,及个人职务、军衔[4]
  2. ^ a b 1993年4月18日的出生日期来源于王立强诈骗罪一审刑事判决书,以及环球网公布的视频中王立强的回答。王立強出示的伪造韩国护照标注生日为1990年1月28日。
  3. ^ 蔡正元指她的名字是方人玉[6]。相关报道中[3],仅称她为“Mia”。
  4. ^ 相关报道中[7],王立強前老闆陸趙亮在2019年11月称孩子约为两三岁。
  5. ^ 相关报道原文[7]:陸趙亮指當時王立強在2017年時4月時,遭控詐欺460萬(人民幣),但此案4月19日立案,王在5月即前往澳洲。根据上海市公安局静安分局的通报,时间应是在2019年4月。
  6. ^ 中华人民共和国奉行党国体制中国共产党领导一切。政府和军队部门均由中国共产党掌控。个人加入中国共产党,成为党员是公务员、军人升职的必经之途。
  7. ^ 来自媒体报道内容[3]:王稱……他於2014年遷到香港,替「中國創新」與「中國趨勢」兩家公司服務……他稱,它們都是中國國防總參謀部的中資公司。當王最後發現原來他的工作主要是為共產黨及軍方服務,他並不吃驚……2015年,向心要求他教其妻畫畫。王說﹕「贏得她(龔青)的歡心,是我成為核心成員的關鍵。」其後向心漸漸信任王……王說﹕「其實這公司就是中共最高情報機構直屬的間諜據點與指揮所,向心建立並操作著一個強有力的情報收集團隊與執行團隊,直接在香港與台灣運作。」

出典[編集]

  1. ^ a b 〈獨家〉蔡英文下令行動 國安局抵達澳洲查王立強案” (中国語). Next Magazine TW. 2019年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c 记者:赖佩璇 (2019年11月25日). “涉王立强共谍案 中国创新投资主席夫妇移送北检侦办” (中国語). 联合新闻网,来源:联合报. 2019年12月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 澳媒:中國間諜投誠 自揭有份策劃綁架李波 滲透香港大專院校 影響台灣選舉”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ a b 王立強是真「共諜」? 他舉這10點打臉” (中国語). 新頭殼 (2019年11月25日). 2019年11月28日閲覧。
  5. ^ a b 李林芝 (2019年11月27日). ““中国特工”王立强2016年庭审视频曝光:自称“法律意识淡薄”,对诈骗事实供认不讳”. 环球网. https://3w.huanqiu.com/a/c36dc8/9CaKrnKo1GG 
  6. ^ a b 黃建豪 (2020年1月9日). “王立強到底是誰? 身世、學經歷全起底” (中国語). 新頭殼newtalk. 2020年1月12日閲覧。
  7. ^ a b c 陳曉芙 (2020年1月9日). “【35分鐘錄音檔】孫天群:如果蔡英文贏了,肯定不讓向心回來” (中国語). 上報. https://www.upmedia.mg/news_info.php?SerialNo=79151 2020年1月12日閲覧。 
  8. ^ a b 岳弘彬 (2019年11月24日). “"中国特工"王立强叛逃澳大利亚?警方辟谣”. 人民网. http://legal.people.com.cn/n1/2019/1124/c42510-31471544.html 
  9. ^ 夏紫云 (2019年11月23日). “爆炸性新闻:一位中共情报人员出走澳洲” (中国語). 看中国. https://www.secretchina.com/news/2019/11/23/914495.html 2019年11月30日閲覧。 
  10. ^ a b 【駐港大陸間諜變節 ‧ 台灣篇】網軍+收買傳媒+金援 助國民黨 2018 勝選 「旺旺」是主要盟友” (中国語). 立場新聞 (2019年11月23日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  11. ^ 【駐港大陸間諜變節 ‧ 香港篇】稱策劃滲透大專 誘內地生起底社運人士”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  12. ^ Galloway, Anthony (2019年11月25日). “PM Scott Morrison says Chinese foreign interference allegations 'deeply disturbing'” (英語). The Age. 2019年11月25日閲覧。
  13. ^ Sakkal, Nick McKenzie, Paul (2019年11月24日). “ASIO chief confirms Chinese spy claims are being 'taken seriously'” (英語). The Age. 2019年11月25日閲覧。
  14. ^ McGowan, Michael (2019年11月23日). “Defecting Chinese spy who revealed espionage in Australia has 'legitimate claim for asylum', Labor says” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/australia-news/2019/nov/23/defecting-chinese-spy-who-revealed-espionage-in-australia-has-legitimate-claim-for-asylum-labor-says 2019年11月25日閲覧。 
  15. ^ Sakkal, Nick McKenzie, Paul (2019年11月23日). “'Let him stay': Influential Liberal MP urges asylum for Chinese defector” (英語). The Age. 2019年11月25日閲覧。
  16. ^ Joske, Alex (2019年11月24日). “Defections are messy and we may never know the full story” (英語). The Sydney Morning Herald. 2019年11月25日閲覧。
  17. ^ Intelligence community is “ dubious” that high profile defector Wang Liqiang is a Chinese spy” (英語). Sky News Australia. 2019年11月29日閲覧。
  18. ^ Paul Maley. “Wang Liqiang: Beijing bit player at best as cloak-and-dagger claims fall away” (英語). The Australian. 2019年11月29日閲覧。
  19. ^ China Spy Farce: agencies 'highly dubious' on Wang Liqiang's espionage claims” (英語). Daily Telegraph (2019年11月29日). 2019年12月1日閲覧。
  20. ^ (Paid subscription required要購読契約)SPY FARCE: AGENCIES CAST DOUBT ON DEFECTOR'S CLAIMS”. Daily Telegraph. 2019年12月1日閲覧。 “The Chinese defector sensationally billed as a spy once in control of high-level operations was not considered to be an agent at a level to attract any interest from Australia, according to our security and intelligence agencies.”
  21. ^ “協助驗證王立強案 澳洲學者:越來越相信王絕對是共諜”. 蘋果日報. https://tw.appledaily.com/international/20200713/FRY6HEGJNYSYEWMOGROCL7NXNU/ 
  22. ^ 間諜自爆「干預2020大選」 國台辦駁:大陸從不介入台灣選舉 | ETtoday新聞雲” (中国語). www.ettoday.net. 2019年11月26日閲覧。
  23. ^ 王立强诈骗罪一审刑事判决书”. 中國裁判文書網 (2016年11月10日). 2019年11月27日閲覧。
  24. ^ 记者:石龙洪、李寒芳、于嘉 (2019年11月27日). “国台办第二位女发言人朱凤莲亮相 普通话与方言“多声道”亲切开场” (中国語). 责任编辑:李志强. 新华网. 2019年12月2日閲覧。
  25. ^ 中國創新、中國趨勢否認參與情報活動 指王立強非員工 內容純屬虛構” (中国語). 立場新聞 (2019年11月24日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  26. ^ 林榮基推論:王立強僅負責監控” (中国語). 蘋果新聞網. 2019年11月25日閲覧。
  27. ^ Explosive claims of ‘Chinese spy’ Wang Liqiang seem more fiction than fact” (英語). 南华早报. 2019年11月30日閲覧。
  28. ^ 【投诚澳洲间谍王立强 揭金援韩国瑜外还有10人” (中国語). © 2019 星岛日报 (2019年11月23日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  29. ^ “王立強再爆北京資助韓國瑜 國民黨:王立強是詐騙犯”. 聯合新聞網. (2019年12月7日). https://udn.com/news/story/6656/4211633 2019年12月7日閲覧。 
  30. ^ a b 被指收中共 2 千萬人民幣 韓國瑜:有拿 1 塊錢我立即退選” (中国語). 立場新聞 (2019年11月23日). 2019年11月23日閲覧。
  31. ^ 澳洲《60分鐘》:王立強专访 - YouTube
  32. ^ 中國造假法院判決書!綠黨爆共諜「王立強」是化名 - 政治 - 自由時報電子報” (中国語). 自由電子報 (2019年11月25日). 2019年11月25日閲覧。
  33. ^ 共諜「王立強」是化名?澳洲記者麥肯錫說話了!” (中国語). 自由時報 (2019年11月29日). 2019年11月29日閲覧。
  34. ^ 【錯誤】網傳「中共間諜『王立強』只是他受訪的化名」?” (中国語). 台灣事實查核中心 (2019年11月29日). 2019年11月29日閲覧。
  35. ^ 官媒公布王立强诈骗庭审录像 真实性受怀疑”. 自由亚洲电台 (2019年11月27日). 2019年11月27日閲覧。
  36. ^ a b 记者:赖佩璇 (2019年11月25日). “捲入共諜案 向心夫婦限制出境 法界質疑政治辦案” (中国語). 联合新闻网,来源:联合报. 2019年12月2日閲覧。
  37. ^ 中国创新投资公司主席向心及妻子龚青在台湾机场被扣” (中国語). RFI - 法国国际广播电台 (2019年11月25日). 2019年11月27日閲覧。
  38. ^ 芋傳媒 (2019年12月4日). “藍委指王立強共諜案進度是假新聞 總統府發三點聲明澄清”. 芋傳媒. https://taronews.tw/2019/12/04/549198/ 2019年12月4日閲覧。 
  39. ^ 獨家訪問/前軍情局副局長:王立強從頭到尾在瞎扯” (中国語). 聯合新聞網. 2019年11月25日閲覧。
  40. ^ 中国公布王立强受审视频 特工身份扑朔迷离” (中国語). 德国之声 (2019年11月28日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  41. ^ 蔡正元給王立強的一封信 徹底宣告間諜鬧劇落幕” (中国語). 聯合新聞網. 2019年12月4日閲覧。