王延鈞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恵宗 王鏻
第3代王(皇帝)
王朝
在位期間 927年1月14日 - 935年11月17日
姓・諱 王延鈞→王鏻
諡号 斉粛明孝皇帝
廟号 恵宗
生年 不詳
没年 永和元年10月19日
935年11月17日
太祖
后妃 陳金鳳
年号 龍啓 : 933年- 934年
永和 : 935年 - 936年

王 延鈞(おう えんきん)は、十国の第3代君主(王、のち皇帝)。太祖王審知の次男。廟号は恵宗

生涯[編集]

天成元年12月8日927年1月14日)、王審知の養子である王延稟と協力して政変を起こし、兄の嗣王王延翰を殺害して王位を奪った。即位後まもなく後唐より節度使、瑯琊王、閩王に封じられている。

王延鈞は仙術に心酔し、宝皇宮を建築して道士陳守元に与えている。また陳守元の言葉に従い帝号を欲し、長興3年(932年)に後唐に対し呉越王、尚書令に封じるよう求めたが、拒否されたため後唐との関係は断絶してしまう。

長興4年(933年)、王延鈞は帝号を称し、国号を大閩と改め、独自の元号として龍啓を建元、自らも王鏻と改名した。しかし恵宗は自国の国力を客観的に理解し、無謀な国政運営を行わなかったため、国内は比較的安定していた。

後宮関係では陳金鳳を寵愛していた。陳金鳳は元来王審知の婢女であり、容姿は美しいとは言いがたいが淫蕩な性格を有していたという。恵宗が晩年病を得ると、陳金鳳は部下の李可殷と私通するようになり、国人はこれを大いに恨んだと言う。永和元年(935年)、陳金鳳は立后されるが、恵宗の病状は更に悪化するに至り、次男の王継鵬と皇城使李倣は事前に陳后の勢力を排除すべく挙兵、李倣が宮廷内に入り恵宗を刺し、瀕死の重傷を負った恵宗は宮女の助けを借りて自害し、陳后勢力は一掃された。