王帝建

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王帝建
各種表記
ハングル
漢字 王帝建
日本語読み: おう ていけん

王 帝建(おう ていけん、生没年不詳)または作帝建(チャクチェゴン[1])は、高麗の太祖王建の祖父である。廟号懿祖[2]諡号景康大王である[3]

生涯[編集]

中国の陝西省京兆郡出身の康叔の次男の67代子孫[4][5][6]康虎景の息子が康忠であり、康忠は、伊帝健・宝甸・康宝育の3人の子を授かる。康宝育は姪の康徳州を娶り娘の康辰義をもうけ、その康辰義と中国人とのあいだに生まれたのが王帝建である[1]。王帝建の父の中国人は中国皇族[7]、『編年通録朝鮮語版』と『高麗史節要』では粛宗、『編年綱目』では宣宗である[8][9]。父の中国人が新羅に来た時に、康宝育の娘の康辰義との間に王帝建は生まれた[10]。王帝建は、父を探しに唐に行くため黄海を渡河していた途上、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)と出会い、王帝建は、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)の駙馬となる。『聖源録』によると、西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)というのは、中国平州出身の頭恩坫角干の娘である[11]。そして王帝建と西海龍王の娘の龍女(後の元昌王后)との間に息子の王隆が生まれる[12][13]。その王隆の息子が高麗の初代王王建である[14][15]

高麗史』や『高麗史節要』によると、康宝育は、摩訶岬(마가갑)に木庵を建てて住んでいたところ、ある日新羅の術師が訪ねて来て、ここに住んでいたら必ず唐の王子が来て、女婿になると予言した。果たしてその通り、王位に就く前の粛宗が天下をあまねく遊覧するため金銀財宝を持ち運んで高麗を訪ね、松嶽郡に拠り、ここは必ず将来都になるだろうと予言した後康宝育の家に寝泊まりする。そして、康保育の娘の康辰義を気に入り、粛宗と康辰義は寝床を共にし、粛宗は1カ月余り滞在した後、妊娠した康辰義に、息子を生めば名前を王帝建と名付けよと命じ、弓と矢を与え、息子が大きくなったら証拠物としてこの弓と矢を持って、唐まで尋ねて来るように言い残して去った[16]

高麗史』によれば、忠宣王が即位前に王子としてに滞在していたとき、彼と交際していた元のある翰林学士が、忠宣王に次のように質問をした。「聞いたところ、あなたの先祖は唐粛宗から生まれたというが、どこに根拠があって出てきた話なのか? 事実、粛宗は幼いころから一度も宮殿の外に出て行ったことがなかったという。そして安禄山の乱の時に、霊武で即位したが、いつ余暇があって、あなたの国である高麗へ行き、子供までもうけてきたということなのか?」これに対して、『編年綱目』の著者、閔漬(민지)が代わりに「それは間違ったものです。実際には、粛宗ではなく宣宗でした」と回答、翰林学士はその言葉を聞いて「宣宗は長い間外地で過ごす苦労をしてきたから、宣宗だろう」と言った[17][18]

チェワンス(최완수)澗松美術館研究室長は、これらは説話的な要素が強く、合理的に再解釈して、当時の状況を再構成するしかないとして、王建の祖先一族は、朝鮮半島の商業活動の中心である松嶽山(現在の開城市)一帯の商業勢力だった豪商であり、中国人商人と直接交易をおこない、莫大な富を築いた。従って、唐の皇族だという王帝建の父は、事実は豪商だった一族のもとに商取引のため出入りしていた中国人商人であり、その中国人商人と康辰義の間で王帝建が誕生したと解釈するのが自然であり、王帝建の父が中国人商人であることを『高麗史』や『高麗史節要』では、粛宗だと高めているが、おそらくは高麗側の推量であった可能性があり、いずれにせよ王帝建が康宝育の家に1ヶ月余り滞在した後に去​​った中国人商人の青年の息子であったことは間違いなく、それは豪商であった一族のもとには、数多くの中国人商人が商売の取引のため出入りしていたこと、また王帝建が16歳の時に、王帝建の父が証拠物として与えた弓と矢を持って、父を探しに商船に乗りこみ唐へ行こうとしたことから、そのように再解釈して大きな合理性の無理がないと述べている[19]

延世大学教授の高雲基は、「作帝建に関連した話である。彼は唐の皇族だという人物が新羅に来て、この地の女、辰義と結婚して生んだ息子である。のちに作帝建は、父を探しに行く途中に西海の龍の娘と結婚し、息子の龍建を生んだのだが、この人物がまさに王建の父である。『龍』が中国系の何らかの象徴として見るなら、王建の家系はほとんど中国系のはずで、曾祖父から調べても王建は間違いなく中国系3世」と述べている[20]

八幡和郎は、「宝育は兄の娘の徳州を娶って娘の辰義をもうけましたが、辰義は素性の知れない中国人の商人と結ばれて作帝建(懿祖)を産みました」「父方の系譜において中国人の血を引く人物であることはたしかです」と述べている[1]

家族[編集]

備考[編集]

前述したように唐人の家系の出身であるが、王建の活躍を描いた韓流ドラマ太祖王建』には、王建の父・王隆が「先祖は彼(張保皐)とともに唐から新羅に渡ってきた」と王建に語るシーンがある[24]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 八幡和郎 『誤解だらけの韓国史の真実』 イースト・プレス、2015年4月10日、64頁。ISBN 978-4781650494
  2. ^ 高雲基 2001, p. 87
  3. ^ 高雲基 2001, p. 87
  4. ^ 世界日報 2013
  5. ^ 韓国民族文化大百科事典
  6. ^ 성씨검색 강(康)-뿌리를 찾아서
  7. ^ 高雲基 2001, p. 86
  8. ^ 韓国民族文化大百科事典 경강대왕
  9. ^ 高雲基 2001, p. 86
  10. ^ 高雲基 2001, p. 86
  11. ^ 韓国民族文化大百科事典 의조경강대왕
  12. ^ 高雲基 2001, p. 86
  13. ^ 韓国民族文化大百科事典 의조경강대왕
  14. ^ 世界日報 2013
  15. ^ 高雲基 2001, p. 86-87
  16. ^ “치평요람(治平要覽)”. 世宗大王記念事業会. オリジナルの2017年5月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170507133111/http://db.itkc.or.kr/itkcdb/text/nodeViewIframe.jsp?bizName=MK&seojiId=kc_mk_j013&gunchaId=av096&muncheId=01&finId=007&NodeId=mk_s_all 
  17. ^ 박영규,《한권으로 읽는 고려왕조실록》, 2000, 들녘
  18. ^ 이덕일,《우리 역사의 수수께끼》, 2004, 김영사
  19. ^ “王建의 후삼국통일 배후, 禪僧세력”. 東亜日報. オリジナルの2008年12月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081202040918/http://www.donga.com/docs/magazine/new_donga/200112/nd2001120650.html 
  20. ^ 高雲基 2001, p. 86
  21. ^ 高雲基 2001, p. 87
  22. ^ 高雲基 2001, p. 87
  23. ^ 高雲基 2001, p. 87
  24. ^ 『韓国大河ドラマ公式ガイドブック 太祖王建』インフォレストISBN 978-4861907425

参考文献[編集]