王イン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「王筠」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

王 筠(おう いん、481年 - 549年)は、南朝梁官僚文人は元礼、またの字は徳柔。小字は炬。本貫琅邪郡臨沂県

経歴[編集]

の太中大夫の王楫(王曇首の子の王僧虔の子)の子として生まれた。幼くして機知に富み、7歳で文章を作る事ができた。16歳のときに「芍薬賦」を作り、美文で知られた。成長すると、物静かで学問を好み、従兄の王泰と名声を等しくした。当時の人に「謝に覧挙あり、王に養炬あり(謝氏に謝覧謝挙がおり、王氏に王泰と王筠がいる)」と併称された。

臨川王蕭宏の下で中軍行参軍を初任とした。昭明太子蕭統の下に転じて太子舎人となり、尚書殿中郎に任じられた。太子洗馬や太子中舎人を歴任し、いずれも東宮の記録を管掌した。昭明太子は文学の士を愛好しており、王筠や劉孝綽陸倕到洽殷芸らと遊宴を楽しんだ。

王筠は丹陽尹丞・北中郎諮議参軍として出向し、中書郎に転じた。武帝の命を受けて開善寺宝誌大師碑文を作った。また武帝の命で『中書表奏』30巻を編纂し、献上した賦や頌を詩集にまとめた。まもなく湘東王蕭繹の下で寧遠長史を兼ね、寧遠府と湘東王国と会稽郡の事務を代行した。太子家令に任じられ、再び東宮の記録を管掌した。

520年普通元年)、母が死去したため、職を辞して喪に服した。礼の規定を越えて痩せ細り、喪が明けてからも長らく病に伏せった。525年(普通6年)、尚書吏部郎に任じられ、太子中庶子に転じ、羽林監を兼ねた。さらに歩兵校尉を兼ねた。530年中大通2年)、司徒左長史に転じた。531年(中大通3年)、昭明太子が死去すると、武帝の命により哀策文を作った。ほどなく貞威将軍・臨海郡太守として出向したが、臨海郡で訴えられて、数年のあいだ任用されなかった。大同初年、豫章王蕭歓の下で雲麾長史として起用され、秘書監に転じた。539年(大同5年)、太府卿に任じられた。540年(大同6年)、度支尚書に転じた。546年中大同元年)、明威将軍・永嘉郡太守に任じられたが、病を理由に固辞した。光禄大夫となり、まもなく雲騎将軍・司徒左長史に転じた。

548年太清2年)、侯景の乱が起こり、建康が包囲されたが、王筠は入城しなかった。549年(太清3年)、簡文帝が即位すると、王筠は太子詹事となった。ときに王筠の旧邸が反乱軍に焼かれていたため、王筠は国子祭酒の蕭子雲の邸に寓居していた。夜間に反乱兵の襲撃を受け、恐慌を起こして井戸に落ちて死去した。享年は69。家人10人あまりもこのとき殺害された。

王筠はひとつの官ごとにひとつの文集を編んでおり、『洗馬集』・『中書集』・『中庶子集』・『吏部集』・『左佐集』・『臨海集』・『太府集』はそれぞれ10巻、『尚書集』は30巻あり、合わせて100巻が当時に通行した。

子に王祥があり、に仕えて黄門侍郎となった。

伝記資料[編集]