玉置泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉置 泰(たまおき やすし、1949年7月17日 - )は、日本実業家(株式会社一六本舗代表取締役社長)、映画プロデューサー

経歴[編集]

愛媛県松山市出身。父親は、一六本舗の前社長・玉置一郎。1972年慶應義塾大学卒業。電通入社。1977年、電通を退社。松山に戻り、家業の一六本舗に入社、宣伝担当となる。主力商品一六タルトのCMに出演する俳優を考えていたところ、リストにたまたま松山市と縁の深い伊丹十三の名があったため、伊丹を起用。これが機縁となり、2人の親交が始まる。

伊丹の初監督作品となった『お葬式』製作の際、株式会社一六本舗として製作費を出資。映画は大ヒットし、玉置は自ら伊丹プロダクションの社長を兼任することになった。以降、玉置は映画プロデューサーとして、または一六本舗は出資スポンサーとして、伊丹監督作品を支え続けてきた。

伊丹亡き後も伊丹プロダクションの社長、伊丹十三記念館を運営しているITM伊丹記念財団の理事長を務め、伊丹十三およびその作品を守り続けている。

一方で、全編愛媛ロケによる映画『船を降りたら彼女の島』ではエグゼクティブプロデューサーとして、えひめ映画製作委員会を支えてきた。

映画[編集]

  • 船を降りたら彼女の島 (2002) エグゼクティブプロデューサー  
  • マルタイの女 (1997) 製作  
  • スーパーの女 (1996) 制作  
  • 静かな生活 (1995) 製作  
  • 大病人 (1993) 製作  
  • ミンボーの女 (1992) 製作  
  • あげまん (1990) 製作  
  • スウィートホーム (1989) 製作  
  • マルサの女2をマルサする (1988)<OV> プロデューサー  
  • マルサの女2 (1988) 製作  
  • マルサの女をマルサする (1987)<OV> プロデューサー  
  • マルサの女 (1987) 製作  
  • タンポポ (1985) 製作  
  • お葬式 (1984) 製作