玉浦裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉浦 裕(たまうら ゆたか、1947年8月1日 - )は、日本化学者工学者東京工業大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

1947年8月1日広島県三原市生まれ[1]修道高等学校を経て[2]、1970年早稲田大学理工学部応用化学科を卒業。1975年東京工業大学理工学研究科修了(理学博士)。その後、東京工業大学助手、同助教授を経て、1992年東京工業大学炭素循環エネルギー研究センター教授に就任[3]。2013年同大学を退官[4]

太陽エネルギーから水素エネルギーへの変換、化石燃料と太陽エネルギーを組み合わせたソーラーハイブリッド燃料生産技術の開発を専門とする。1988年国際フェライト最優秀論文賞、1993年CELSS学会論文賞、2003年生態工学会賞学術賞を受賞。

脚注[編集]

関連項目[編集]