玉村方久斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉村 方久斗(たまむら ほくと、本名:善之助、1893年11月13日 - 1951年11月8日[1])は、大正から昭和初期に、日本画における前衛を追求したことで知られる日本画家[2][3]。別号に、連城北斗がある[3]。本名の玉村善之助、またタマムラ・ゼンノスキーと名乗っての活動もあった[4]

経歴[ソースを編集]

京都市(後の中京区)の下駄問屋の家に生まれる[2]。京都市立美術工芸学校から京都市立絵画専門学校(京都市立芸術大学の前身)に進んで。菊池芳文に師事し、1915年に卒業した[2]

岡本神草甲斐庄楠音入江波光らと日本画研究団体「密栗会」を結成し、展覧会を開催するが、並行して院展にも出品し入選する[2]

1916年に東京へ移り、院展を中心に活動し、1918年には「樗牛賞」を受賞したが、1919年を最後に院展を離れた[2]日本美術院からの脱退は、横山大観との対立が原因であったとされている[4]

以降、1921年には村雲殿一らと「高原会」を結成し、1922年には第一作家同盟(D・S・D)に参加[4]、さらに、1924年から1925年にかけての三科[5]1926年単位三科[6]といった前衛芸術運動に加わって立体作品や版画に取り組み、雑誌『エポック』や『ゲエ・ギムギガム・プルルル・ギムゲム(G・G・P・G)』創刊に参画した[2]。後には、雑誌『芸術市場』を創刊した[4]

この時期、玉村自身も人妻との恋愛が噂された中で、妻が、詩人の野川隆と駆け落ちをしてしまう[4]

1930年、方久斗社(ホクト社)を設立し、以降はもっぱら雅号である方久斗を用い、前衛とは異なる方向で日本画家として活動した[4]

家族[ソースを編集]

エッセイストの玉村豊男は息子[2]、八男である[7]

おもな著書[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、692頁。
  2. ^ a b c d e f g 玉村方久斗展”. 京都国立近代美術舘. 2015年5月6日閲覧。
  3. ^ a b 美術人名辞典『菊池芳文』 - コトバンク
  4. ^ a b c d e f 関井光男 「玉村方久斗」『20世紀ニッポン異能・偉才100人』 朝日新聞社、1993年11月5日、220-221頁。
  5. ^ “三科会解散し展覧会中止 内部のごたごたとマヴオ一派に圧迫されて/マヴオ一派の暴れ込み が原因 同人側語る”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 11. (1925年9月20日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  6. ^ “変つた顔触で『単位三科』生る 瓦解した例の三科を新しく盛立てる”. 朝日新聞・東京夕刊: p. 2. (1926年5月21日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  7. ^ CAREER CRUISING 58歳で拓いた新たな舞台で キャリアの総力を熟成させる 玉村豊男氏 (PDF) 」 、『Works』第97号、リクルートワークス研究所、2009年、 60-63頁、2015年5月6日閲覧。