玉手山七郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉手山 七郎(たまてやま しちろう、1887年7月14日 - 1941年9月13日)は、福井県大野郡(現大野市)出身で明治から大正期に活躍した元大相撲力士。本名は縁本 七郎。身長171cm、体重90kg。所属は大嶽部屋から雷部屋を経て中村部屋。最高位は関脇

略歴[編集]

  • 1904年1月 大嶽部屋(師匠:元幕下毛谷村六介)から初土俵を踏むが、後に脱走。
  • 1911年2月 新入幕(番付外で復帰)。
  • 1914年5月 小結に昇進。
  • 1915年1月 関脇に昇進。
  • 1918年1月 引退。年寄大嶽を襲名。
  • 1920年1月 廃業。

主な成績[編集]

  • 幕内戦績:55勝50敗16分3預26休(15場所)

四股名変遷[編集]

  • 狼 七郎(おおかみ しちろう) 1904年1月場所 - ?
  • 小嵐 七郎(こあらし -)? - ?
  • 龍田川 七郎(たつたがわ -)? - ?
  • 小嵐 七郎(こあらし -)? - ?
  • 玉手山 勝司(たまてやま かつじ)? - 1912年5月場所
  • 玉手山 七郎(- しちろう)1913年1月場所 - 1918年1月場所

関連項目[編集]