玉川 (秋田県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉川
Tamagawa at Daiichi Tamagawa Bridge, Tazawako Line 20130919.jpg
田沢湖線玉川第一橋梁(角館鶯野間)から
水系 一級水系 雄物川
種別 一級河川
延長 103 km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 大深岳仙北市
河口・合流先 雄物川大仙市
流域 秋田県
テンプレートを表示

玉川(たまがわ)は、秋田県を流れる一級河川。別名副川(そいかわ、そえがわ)。雄物川の支流としては最長である。玉川温泉の強酸性水が流れ、玉川毒水と呼ばれる。

流路[編集]

秋田県仙北市田沢湖田沢の岩手県との県境にそびえる大深岳に源を発する。いくつかの川を合わせながら国道341号と並行して流れ、玉川ダム鎧畑ダムの山間部を抜け集落に到達する。ここで田沢湖に注ぎ再び玉川に戻る水路を分ける。その後夏瀬ダム神代ダム抱返り渓谷を流れ、横手盆地に出ると南西に向かい、大仙市花館付近で雄物川に合流する。

上流部は水力発電所がいくつも建設されているほか、仙北平野で広く使用されている田沢疏水の一部も引き込まれ農地を潤している。

環境[編集]

第二次世界大戦中、発電所の建設によって玉川毒水が田沢湖に引き込まれた結果、湖内のほとんどの生物を死に至らしめた。特に田沢湖の固有種であるクニマスは、本格的な研究が行われる前に絶滅したと考えられてきた。2010年になって、戦前に山梨県の西湖へ移入された個体の子孫が生きていることが確認された。

戦前の頃の談で、「大ブガ」と呼ばれる最上流の雪解けにより、毒水が薄まる季節、ごくまれにヤツメウナギが遡上していたといい[1]天保年間の鱒漁の記録もあった[2]

伝説[編集]

玉川にはその昔、がふんだんに遡上していたが、ある時期を境にふといなくなったと言う伝説があり、大威徳明王にまつわる事由が語られる[3][4][5]

昔、白岩村角館町にまたがる山頂には大威徳神社が祀られていた。山麓の玉川では秋ともなれば鮭漁がさかんに行われていたが、その様子を毎日見物に来る背の高い僧がいた。漁夫たちは、僧が固辞するのもかまわずに、からかい気味に鮭をアケビの蔓でむりやり僧に背負わせて帰した。すると、それ以来、鮭の遡上がぱったり途絶えてしまった。その僧こそ大威徳明王であったという。異話によれば、鮭を獲った人々が焼き鮭を作ろうと薪を集めている隙に、鮭漁の様子を眺めていた赤い着物の子供(大威徳明王の権化)が鮭をアケビ蔓で背負って持ち逃げしてしまい、それ以来、鮭が獲れなくなったとのことである[3]。大威徳神社に腹痛の平癒祈願をする者は、アケビと鮭を断つという。

支流[編集]

流域の自治体[編集]

秋田県
仙北市大仙市

主な橋梁[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 武藤鉄城 「秋田郡邑魚譚」、『アチックミユーゼアム彙報』 (「仙北郡/白岩村」の部) 第45巻42-頁、1940年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1461537/39 
  2. ^ 武藤『秋田郡邑魚譚』(1940)、44頁。
  3. ^ a b 武藤『秋田郡邑魚譚』(1940)、45頁。(角館町在住の武藤エシ媼)
  4. ^ 武藤, 鉄城 (1936年4月1日). “鳥の俗信と魚の伝説”. pp. 47-51. 2013年3月18日閲覧。
  5. ^ 谷川, 健一 (1992). 動植物のフォークロア. 三一書房. pp. 107-108. //books.google.co.jp/books?id=MvswAAAAMAAJ. 

外部リンク[編集]