玉川兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玉川兄弟の銅像(東京都羽村市

玉川兄弟(たまがわきょうだい)は、江戸時代の人物。兄は庄右衛門(しょうえもん、元和8年(1622年)? - 元禄8年6月6日1695年7月16日))、弟は清右衛門(せいえもん、生年不明 - 元禄9年5月5日1696年6月4日)?)。多摩川沿いの地域の農家であったとの説が有力である[1]。1653年から54年にかけて玉川上水の開削の指揮をとったことで知られる。

玉川上水工事[編集]

上水工事は2度失敗していて、一回目は日野を取水口としたとき、地面に水が吸い込まれてしまう「水喰土」、2回目は福生を取水口としたとき、工事の途中岩盤に当たってしまったことであり、水喰土の失敗跡は今でも残されている。 1653年承応2年)から工事が行われ、1654年承応3年)までに開通した。これにより兄弟は「玉川」の姓を名乗る事が許され、上水の管理も玉川家の世襲とされたが、1739年元文4年)に職を剥奪される。兄弟の墓所は台東区聖徳寺にある。

[編集]

  1. ^ 渡部一二『図解武蔵野の水路:玉川上水とその分水路の造形を明かす』東海大学出版会、2004年、5ページ