玉大輝剛志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
玉大輝 剛志 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 久山 → 玉大輝
本名 久山 毅
生年月日 (1988-11-02) 1988年11月2日(30歳)
出身 石川県鳳珠郡能登町
身長 180cm(現役時)
体重 129kg(現役時)
BMI 39.81(現役時)
所属部屋 片男波
成績
現在の番付 引退
最高位 西幕下16枚目
生涯戦歴 185勝158敗21休(53場所)
データ
初土俵 2007年3月場所
引退 2016年1月場所
備考
2016年1月27日現在

玉大輝 剛志(たまだいき つよし、1988年11月2日 - )は、石川県鳳珠郡能登町出身で片男波部屋に所属していた元大相撲力士。本名は久山 毅(ひさやま つよし)。現役時代の体格は身長180cm、体重129kg、血液型O型。最高位は西幕下16枚目(2012年7月場所)。

来歴[編集]

金沢市立工業高校時代は相撲部に所属していた。卒業後は大相撲の世界に入ることを決め、高校の11年先輩である玉乃島の橋渡しもあって2007年3月場所に片男波部屋から初土俵を踏んだ。同期生には高校の同級生の能登東、4年先輩の丹蔵のほか、土佐豊德真鵬大翔湖千代嵐らがいる。前相撲は1番出世だった。

初めて番付に名前が載った2007年5月場所から「玉大輝」に改名。初土俵から2年弱の2008年11月場所で幕下に昇格すると、以降は幕下に定着した。2014年から度々三段目に降格することがあったが、2016年1月場所限りで引退した。[1]なお、断髪後は帰郷する意向を示している[2]

主な成績[編集]

  • 通算成績:185勝158敗21休(53場所)
玉大輝 剛志
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2007年
(平成19年)
x (前相撲) 西序ノ口10枚目
6–1 
西序二段57枚目
5–2 
東序二段21枚目
6–1 
東三段目59枚目
4–3 
2008年
(平成20年)
東三段目43枚目
4–3 
東三段目25枚目
4–3 
西三段目8枚目
2–5 
東三段目35枚目
5–2 
西三段目9枚目
5–2 
東幕下46枚目
5–2 
2009年
(平成21年)
東幕下33枚目
4–3 
西幕下26枚目
2–5 
西幕下38枚目
4–3 
東幕下30枚目
3–4 
東幕下37枚目
4–3 
西幕下31枚目
4–3 
2010年
(平成22年)
東幕下25枚目
3–4 
東幕下32枚目
4–3 
西幕下24枚目
3–4 
東幕下33枚目
2–5 
東幕下48枚目
2–5 
東三段目9枚目
5–2 
2011年
(平成23年)
東幕下50枚目
2–5 
八百長問題
により中止
西三段目7枚目
休場
0–0–7
東三段目62枚目
6–1 
東三段目5枚目
4–3 
東幕下57枚目
5–2 
2012年
(平成24年)
西幕下42枚目
5–2 
西幕下25枚目
4–3 
西幕下21枚目
4–3 
西幕下16枚目
1–6 
東幕下39枚目
4–3 
西幕下30枚目
5–2 
2013年
(平成25年)
東幕下19枚目
休場
0–0–7
西幕下59枚目
休場
0–0–7
西三段目39枚目
5–2 
西三段目15枚目
2–5 
西三段目43枚目
6–1 
東幕下57枚目
4–3 
2014年
(平成26年)
西幕下47枚目
5–2 
西幕下30枚目
3–4 
東幕下39枚目
1–6 
東三段目8枚目
4–3 
西幕下58枚目
5–2 
西幕下37枚目
4–3 
2015年
(平成27年)
東幕下29枚目
4–3 
西幕下25枚目
2–5 
東幕下44枚目
1–6 
西三段目17枚目
5–2 
東幕下54枚目
4–3 
東幕下44枚目
1–6 
2016年
(平成28年)
西三段目16枚目
引退
3–4–0
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

四股名変遷[編集]

  • 久山 毅(ひさやま つよし) 2007年3月場所
  • 玉大輝 毅(たまだいき - )2007年5月場所 - 2014年5月場所
  • 玉大輝 剛志( - つよし)2014年7月場所 - 2016年1月場所

脚注[編集]

  1. ^ 元幕内大道、土佐豊ら11人の引退を発表 日刊スポーツ 2016年1月27日(2016年1月27日閲覧)
  2. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年3月号(春場所展望号) 76頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]