玉城邦男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

玉城 邦男(たまき くにお、1944年7月2日 - )は、日本実業家四国化成工業代表取締役社長兼CEO

経歴[編集]

長崎県長崎市出身[1]長崎県立長崎東高等学校を経て[2]1969年東京大学法学部卒業後、三井物産に入社[3]大阪に配属され、四国化成工業を担当[4]。三井物産では関西支社無機化学品部長まで務め、1999年に四国化成工業入社、顧問に就任した[3]。同社では化学品を担当し、2001年取締役常務執行役員、2004年取締役専務執行役員[3]2005年から2009年まで常勤監査役を務め、同社退職[3][4]2016年4月に同社顧問として復帰し、同年6月24日代表取締役社長兼CEOに就任した[3][1]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【新社長】四国化成工業 玉城邦男”. SankeiBiz. 2016年7月23日閲覧。
  2. ^ 「第二次合格者名簿」 『東京大学新聞』1964年3月21日付、4面。
  3. ^ a b c d e 5月15日号”. 香川経済レポート社. 2016年7月23日閲覧。
  4. ^ a b 四国化成工業 玉城邦男氏 「新製品育て次の収益源に」”. 化学工業日報 (2016年8月29日). 2017年1月21日閲覧。