玉城徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉城徹(たまき とおる、1924年5月26日2010年7月13日)は、歌人評論家。長女は歌人の花山多佳子、孫の花山周子も歌人。

宮城県仙台市生まれ。1931年東京府吉祥寺に転居。1939年北原白秋主宰の『多磨』に入会。白秋没後は巽聖歌に師事する。1944年第二高等学校卒、東京帝国大学文学部美学美術史科卒。東京の高校教師を務めるかたわら作歌をおこない、1972年『樛木』で第24回読売文学賞受賞。1977年歌誌「うた」創刊、戦後の前衛短歌から距離を置いた独自のスタンスを保ち続け、2003年まで続けた。1980年『われら地上に』で第13回迢空賞2000年の『香貴』で短歌新聞社賞現代短歌大賞受賞。

著書[編集]

  • 春の氷雪 詩集 河出書房 1947
  • 石川啄木の秀歌 短歌新聞社 1972 現代短歌鑑賞シリーズ
  • 北原白秋 詩的出発をめぐって 読売新聞社 1974. 読売選書
  • 万葉を溯る 柿本人麻呂をめぐって 角川書店 1979.6
  • 茂吉の方法 清水弘文堂 1979.12
  • 短歌実作の部屋 短歌新聞社 1983.5
  • 芭蕉の狂 1989.3. 角川選書
  • 喜劇の方へ 邑書林 1990.11
  • 昭和短歌まで その生成過程 短歌新聞社 1991.2
  • 大正世代の歌 短歌新聞社 1991.8 現代短歌全集
  • 時が、みづからを 長歌集 不識書院 1991.8
  • 樛木 歌集 1994.5 短歌新聞社文庫
  • 近代短歌とその源流 白秋牧水まで 短歌新聞社 1995.7
  • 俳人虚子 角川書店 1996.10
  • 香貫 歌集 短歌新聞社 2000.10
  • 子規 活動する精神 北溟社 2002.4
  • 枇杷の花 歌集 短歌新聞社 2004.10
  • 短歌復活のために 子規の歌論書簡 短歌新聞社 2006.4
  • 石榴が二つ 歌集 短歌新聞社 2007.5
  • 左岸だより 短歌新聞社 2010.12

参考[編集]