玄米茶の素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
蒸し「白米」を焙煎した「玄米茶の素」
玄米茶の素・製造工程
「玄米茶の素」は蒸し「白米」を焙煎したもので「玄米茶」の一原料である

概要[編集]

玄米茶の素(げんまいちゃのもと)は「白米精米精白米)」を蒸して焙煎したものである。

「玄米茶の素」は、「玄米茶」の原料として、穀物加工会社や製茶工場などで製造されており、主な流通ルートはお茶の販売店である。

お茶の販売店は、仕入れた「玄米茶の素」と「緑茶」を混ぜ、「玄米茶」として販売する。

また一般消費者向け商品もあり、消費者は自分の好みに応じて緑茶とブレンドする他、直接食したり、他の食品にトッピングして利用する。


はじまり[編集]

大正時代に創作された玄米茶が市場に流通するようになるにしたがい、玄米茶の素として専門に作られ始める。

はじめは原材料に玄米を使用していたが次第に白米を使うようになる。


製造工程[編集]

玄米茶の素・製造工程

玄米茶の製造工程は

浸水→蒸す→洗浄(ぬめりを洗い流す)→乾燥→焙煎

白米を使用する理由[編集]

玄米茶の品質保持のため白米を使用する。

玄米は胚乳(白米部分)の外側をぬか層(種皮層)が皮状に覆われた状態のものである。

玄米を浸水し、蒸すと熱によって胚乳部分から、ぬか層が分離。

その後の洗浄でぬか層の多くがはがれ、分離した状態で乾燥、焙煎が行われると皮状のぬか層と、胚乳(白米部分)の焙煎状態に差が生じる。

ぬか層は薄い膜状で、胚乳(白米)部分より熱が入りやすく焦げが発生する原因となる。

その結果、玄米を使用した玄米茶はお茶が濁ったりぬか臭さが生じることが多い。

そのため、玄米茶の品質保持のために仕上がりの安定する白米を使用する。

商品名について[編集]

「玄米茶の素(玄米茶)」は原料に「白米」を使うことが多いが、

下記に示すように、一般消費者に対し混乱を与えない場合は、商品には使用されてない原料などを、商品名に付すことがある。

・長い期間にわたり「慣習的」に品名が使用されている場合。

・一般消費者に「周知」されている場合。

「白米」使用の周知状況について[編集]

「玄米茶の素」が「白米」を使用している事実はお茶の販売店においても認識が薄いため、

一般消費者においても「ほとんどの玄米茶の素(玄米茶)の原料が白米である」ということを知らないことが多い。

「玄米茶」を利用する一般消費者が玄米茶を購入する理由の一つとして

「玄米茶によって、玄米中に含まれる栄養素が摂れるから健康に良さそう……」などのベネフィットを期待して飲用しているケースが多くなっている。


原材料の表記[編集]

商品名が「玄米茶の素」や「玄米茶」であっても(「白米(精白米)」を使用しているため)原材料名欄へ「玄米」と表示すれば、

「新食品表示基準[1]」に違反することになる。

そのためパッケージ会社などでは、一括表示作成の際の注意喚起が行われている。[2]

出典[編集]

  1. ^ 消費者庁により新食品表示基準が2015年に遵守が義務付けられた。経過措置期間がもうけられていた加工食品についても2020年4月から完全施行されている。
  2. ^ 玄米茶の原材料名表示・株式会社 吉村