玄忠寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
玄忠寺
Genchuji Tottori02n4592.jpg
本堂
所在地 鳥取県鳥取市新品治町176
山号 大唐大巖深心山
宗派 浄土宗
創建年 永正5年(1508年
正式名 大唐大巖深心山 九品院 玄忠寺
テンプレートを表示
荒木又右衛門遺品館
庫裏の羅漢襖絵
庫裏庭園

玄忠寺(げんちゅうじ)は鳥取県鳥取市にある浄土宗の仏教寺院。正式名は、大唐大巖深心山九品院玄忠寺鍵屋の辻の決闘で広く知られる剣豪荒木又右衛門の菩提寺で、境内にはその所縁の品や資料を展示する荒木又右衛門遺品館が設けられている。

歴史[編集]

永正5年(1508年)、鳥取城下湯所の高浜地にて開創と伝わる。 万治3年(1660年)に現在地に移転した。寛政12年(1800年)に伽藍を消失するも、文化2年(1805年)に現在に伝わる本堂山門鐘楼が再建された。

境内[編集]

利用情報[編集]

  • 開門時間 - 9:00~16:00
  • 閉門日 - 1月1日~1月3日、春分の日、8月12日~8月15日、8月20日、秋分の日
  • 所在地 - 〒680-0812 鳥取県鳥取市新品治町176

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

関連項目[編集]

  • 伊藤丈庵 - 詩人、「玄忠寺八景」「僧の観経を談ずるを聴く」などを詩う。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]