獅子井英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

獅子井 英子(ししい えいこ、1965年8月19日 - )は、東京都港区出身の元ショートトラックスピードスケート選手。

1985年1987年の2回、世界チャンピオンとなった。公開競技として実施された1988年カルガリーオリンピックで、女子500m、1000m、1500m、3000m、3000mリレーの全5種目に出場。3000mでスタートから先頭に立って逃げ切り金メダルを獲得、3000mリレーで山田由美子竹内洋美木下真理子と共に銀メダルを獲得した。