猿雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猿雀(えんじゃく、生没年不詳)とは、江戸時代大坂浮世絵師

来歴[編集]

師系・経歴不明。作画期は安政から慶応の頃にかけてで、大坂で興行された芝居の役者絵を二十数枚残す。『上方絵一覧』はこの猿雀について、「画家らしくない名である。恐らく俳優の余伎か」と述べている。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 黒田源次 『上方絵一覧』 佐藤章太郎商店、1929年
  • 『上方役者絵集成』(第4巻) 財団法人阪急学園池田文庫、2003年

関連項目[編集]