猿田洋祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
猿田洋祐
基本情報
本名 猿田洋祐
通称 飛猿→ザ・ニンジャ
階級 フライ級ストロー級
身長 160cm
体重 60kg
国籍 日本
誕生日 (1987-07-08) 1987年7月8日(33歳)
出身地 埼玉県川口市出身
スタイル 修斗(総合格闘技
テンプレートを表示
猿田 洋祐
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年11月12日 -
ジャンル スポーツ
登録者数 927人
総再生回数 約2万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年3月15日時点。
テンプレートを表示

猿田 洋祐(さるた ようすけ、1987年7月8日 - )は、日本の総合格闘家埼玉県川口市出身。和術慧舟會HEARTS所属。身長160cm。 第7代修斗世界ストロー級王者。第6代ONE世界ストロー級王者[1]

来歴[編集]

格闘技未経験ながら器械体操で鍛えた抜群の運動センスでMMA(総合格闘技)を始めた。 2008年1月にはプロデビューを果たすと2009年にはバンタム級新人王に輝き、2017年10月の王座決定戦で修斗世界ストロー級王座を獲得[2]。 また、2011年にはブラジリアン柔術世界選手権茶帯ルースター級でも優勝している[2]

第7代 修斗世界ストロー級王者[編集]

2017年10月15日、プロフェッショナル修斗公式戦 舞浜大会で澤田龍人と対戦、4ラウンドにパウンドでレフェリーが試合を止め、TKO勝利を収める。悲願の三度目の世界タイトル挑戦でストロー級王座を獲得し、第7代 修斗世界ストロー級王者戴冠

ONE世界ストロー級新王者[編集]

アジア最大級のMMA団体であるONE(ONE Championship)が2018年12月にも開催。 猿田は2018年12月7日のマレーシア大会に初参戦し、いきなり元ONE世界ストロー級王者アレックス・シウバと対戦し、シウバを判定3-0で圧倒[2]

2019年1月19日にはONE世界ストロー級王座のジョシュア・パシオがと対戦。当初、鈴木隼人が挑戦予定だったが、健康診断で体調不良が発覚し欠場[2]。 代替選手として猿田がジョシュア・パシオに挑戦し、5ラウンド戦い抜いた猿田が判定2-1で勝利。 ONEと契約をしてから、2ヶ月ほどで、日本人2人目のONE Championship世界ストロー級王者(2019年)となった[1][2]

2019年4月12日、ジョシュア・パシオと再戦。4R、KOで敗れる。

獲得タイトル[編集]

  • 第6代ONE世界ストロー級王座(2019年)
  • 第7代修斗世界ストロー級チャンピオン[3]。(2017年)  修斗世界王者一覧
  • インフィニティトーナメントバンタム級 優勝[3]。(2012年)
  • バンタム級新人王[4](2009年)

戦績[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
 内藤のび太 5分3R終了 判定 3-0 ONE Championship
Road to ONE 3rd : TOKYO FIGHT NIGHT
2020年9月10日
 北方大地 2R 00:59 TKO ONE Championship
『ONE: CENTURY PART II』
2019年10月13日
× ジョシュア・パシオ 4R 02:43 KO ONE Championship
【フィリピン大会 世界ストロー級タイトルマッチ】
2019年4月12日
ジョシュア・パシオ 5分5R終了 判定 2-1 ONE Championship
【インドネシア大会 世界ストロー級タイトルマッチ】
2019年1月19日
アレックス・シウバ 5分3R終了 判定 3-0 ONE Championship
【マレーシア大会】 
2018年12月7日
× 田丸 匠  3R 03:49 TKO(ドクターストップ) プロフェッショナル修斗後楽園ホール大会  2018年07月15日
村田 一着 3R 00:45 KO プロフェッショナル修斗川崎大会 2018年05月13日
清水 清隆 5分3R終了 判定 3-0 プロフェッショナル修斗 2018開幕戦 2018年01月28日
澤田龍人 4R 02:37 KO プロフェッショナル修斗公式戦 舞浜大会 2017年10月15日
箕輪ひろば 5分3R終了 判定 3-0 舞浜アンフィシアター大会 2017年04月23日
猿丸ジュンジ 5分3R終了 判定 0-1 後楽園ホール大会 2017年01月29日
ルイス ゴンザレス 5分3R終了 判定 3-0 プロフェッショナル修斗公式戦 2016年07月17日
前山 哲兵 5分2R終了判定 3-0 プロフェッショナル修斗公式戦 2016年03月21日
六本木 洋 2R 00:18 KO プロフェッショナル修斗公式戦 2016年01月11日
× 扇久保博正 5分3R終了 判定 0-3 2015年11月29日
梶川 卓 5分3R終了 判定 0-3 2015年07月26日
× 鈴木隼人  5分3R終了 判定 0-3 2015年02月8日
× 山口守  2R 0:25 TKO(ドクターストップ) VTJ 6th 2014年10月4日
清水俊一  5分3R終了 判定 3-0 GRANDSLAM -Way of the Cage- 2014年07月13日
菅原 雅顕  5分3R終了 判定 3-0 2014年04月20日
× 神酒 龍一 5分5R終了 判定 0-3 2013年11月09日
神酒 龍一 5分5R終了 判定 1-1 2013年07月27日
渡辺 健太郎 1R 03:52 KO 2013年04月07日
戸澤 真澄美 5分3R終了 判定 2-0 2012年12月24日
西後 SILDAN 祐樹 1R 03:26 2012年08月25日
大里 洋志 5分2R終了 判定 3-0 2012年04月14日
のぶ 渡辺 1R 01:00 2011年08月06日
× ナカシ 1R 01:54 2010年02月27日
大塚 のぞみ 5分3R終了 判定 1-1 2009年12月13日
永添 潤 5分2R終了 判定 3-0 2009年10月18日
小堀 貴広 1R 03:06 KO 2009年8月9日
× 大塚 のぞみ 2R 03:25 TKO 2008年6月21日
× アッキ 公太 2R 02:22 TKO 2008年1月26日

表彰[編集]

  • 2018年修斗年間表彰[5] MVP 1位
  • 格闘技月間ベストファイター賞[6]  2019年1月

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Fight&Life(ファイト&ライフ) (Vol.71) 高島学  2019/2/23 83頁より引用
  2. ^ a b c d e 日本人唯一のONE世界王者?猿田洋祐、海外で勝つには「平常心が大事」 ーeFight 2019年1月ベストファイターインタビュー 2019年3月9日閲覧
  3. ^ a b 猿田洋祐 選手紹介 ー日本修斗協会公認サイト 2019年3月9日閲覧
  4. ^ 365人インタビュー>飛猿☆NO.2 ー格闘技ウェブマガジンGBR 2009年12月16日 掲載
  5. ^ 2018年修斗年間表彰  -BOUTREVIEW 2019年3月11日閲覧
  6. ^ 2019年1月ベストファイターインタビュー  - eFight 2019年3月11日閲覧

外部リンク[編集]