猿田東之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猿田 東之助(さるた とうのすけ、1854年8月13日嘉永7年7月20日) - 1929年昭和4年)6月8日)は、日本剣客警察官

経歴[編集]

小見川藩下総国香取郡)に生まれ、5歳から父猿田源八とともに岡野道矩積川一刀流剣術を学ぶ。

1885年明治18年)、千葉県看守を務め、その後警視庁小松川警察署撃剣世話掛を経て、宮内省皇宮警察小笠原武英の招きで皇宮警察に移籍。身長5(約150cm)と小柄であったが、早業で「猿田彦」の異名をとる。

のち学習院剣道教師を経て海軍兵学校剣道教師を長く務め、1916年大正5年)に帰郷。道場習武場を開き、佐原中学校小見川農学校の剣道師範を務める。大日本武徳会から剣道範士の称号を授与された。

参考文献[編集]