猿毛城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猿毛城(さるげじょう)は、新潟県上越市にあった日本の城。築城主や築城年は定かではない。

戦国時代上杉家家臣で柿崎城主であった柿崎氏の居城であり、本城である柿崎城より防御面などで戦闘向きな縄張りを施されていることから、政務や居住などの平時の場合は主たる居城である柿崎城を利用し、有事の場合はこの猿毛城を使ったと推測されているが決定的な資料は見つかっていない。

御館の乱[編集]

上杉謙信死後の跡目争いである御館の乱において、同一家中による激しい戦闘が行われた悲劇の城である。 旧城主である柿崎家の当時の当主であった柿崎晴家は乱勃発当初から上杉景虎を支持(支持表明後、樋口与六らにより抹殺)。また、上杉景勝から柿崎家復興を約束を受けた旧臣は晴家の子である柿崎憲家を立てて景勝側に付いた。この事により旧臣が2派に分かれて戦うこととなった。(なお、この時の柿崎家は、先代柿崎景家織田信長内通疑惑による死罪に関連し、家名は残せたものの改易された上に閑職にもつけないと言う、事実上の断絶状態であった。)

当時は同族での争いや家臣の分裂は珍しいものではなかったが、両派共にお家復興という大きな名目があった為、破れた側の景虎支持勢が全滅すると言った、同種の家中での戦いの中ではかつて無いほどの激しい同士討ちとなった。

勝った憲家は約束どおり柿崎家を復興させ、旧領に復帰した。

城山山頂(本丸跡)には双方の遺体を葬ったとされる塚と祀った祠が残されている。

関連項目[編集]