猿島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
猿島町
廃止日 2005年3月22日
廃止理由 新設合併
岩井市猿島町坂東市
現在の自治体 坂東市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 茨城県
猿島郡
団体コード 08544-8
面積 32.46km²
総人口 15,084
推計人口、2005年3月1日)
隣接自治体 岩井市
結城郡 石下町八千代町
猿島郡 三和町境町
町の木 シロモクレン
猿島町役場
所在地 306-0595
茨城県猿島郡猿島町山2730番地
Bando city Sashima branch office.jpg
座標 北緯36度7分5.8秒
東経139度53分6.1秒
猿島町の県内位置図
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

猿島町(さしままち)は、茨城県猿島郡にあった町である。

2005年3月22日岩井市と新設合併し、坂東市になり消滅した。

歴史[編集]

1956年(昭和31年)に沓掛村と富里村が合併して町政を施行。猿島茶の産地であるところから、新町名は猿島町とした。1957年(昭和32年)に石下町の一部を編入した。2005年(平成17年)、いわゆる「平成の大合併」により、隣接する岩井市との新設合併により坂東市となり、独立した町政はなくなった。

沿革[編集]

地理[編集]

町域は常陸台地を構成する台地のひとつである猿島台地にあり、標高20 m前後の平坦な土地が全体に広がる。北東端は、飯沼を干拓した水田地帯である。

主要産業は農業で、土地の大部分は、稲作が行われる水田や、タバコなどの畑作地として利用された[1]。特産の茶は、冬季の作物を季節風から守り、土壌浸食を防ぐために畑の境界に植えられたことが始まりで、19世紀中ごろの弘化年間に辺田村(現・坂東市辺田)の庄屋であった中山元成が、地元農民に製茶を奨励したことから茶の栽培が地場産業となり、発展して猿島茶とよばれるようになった[1]。猿島郡南縁を流れる利根川に、芽吹大橋境大橋が架橋されてからは、東京方面へ出荷するための近郊農業が行われるようになり、ビニールハウス栽培によるキュウリトマトなどの野菜の供給地となった[1]

南東部に位置する沓掛を中心とした乏水台地には、工場用地・住宅地・商店街が集まる。

隣接していた自治体[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 逆井城跡公園
  • 萬蔵院
  • 沓掛香取神社
  • 八坂神社
    生子にある神社で、旧暦の6月15日と21〜22日に行われる祭りに神輿を供して歩くはやしである「猿島ばやし」は、1961年(昭和36年)に茨城県の無形民俗文化財に指定されている[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 高橋昭 『茨城県大百科事典』 茨城新聞社編、茨城新聞社1981年、458-459頁。「猿島町」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]