猿啄城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地理院地図 Googleマップ 猿啄城の位置

猿啄城の展望台
猿啄城(城山)から望む木曽川日本ライン)と鳩吹山方面の山々

猿啄城(さるばみじょう)は、現在の岐阜県加茂郡坂祝町勝山にある、室町戦国時代の城である。別名猿ばみ城、猿飛城、勝山城。標高275.3mの勝山(城山)の山頂付近にある。猿啄城跡は、坂祝町指定史跡となっている[1]

岐阜県愛知県の境の木曽川の北に位置する日本の城。この付近の木曽川(日本ライン)は急流であり、周辺は山となっている。このため飛騨国東濃から美濃国尾張国への重要な地点であった。標高265 mの城山頂上には、展望台が設定されている。

歴史[編集]

  • 築城時期は不明であるが、応永年間(1400年頃)、西村豊前守善政が築城する
  • 1441年嘉吉元年)、西村豊前守善政が祖母の法要の為城を留守にした際に、田志見の城主修理太夫頼吉が城を略奪する。

出典:山田右馬之尉正澄由緒の写には田原左衛門尉頼義の名はない。 「竜泰寺二十五世住職肝銘記・無極由緒之事に・・・・嘉吉元年酉正月・・・・田原左衛門頼吉・・・・云々」とあるが、この記録は末尾に堂洞軍記に詳也とあり、1700年以降に書かれたので信憑性はないとした。また田志見の城主修理太夫頼吉と田原左衛門頼吉とを同一人物とすることには無理がある。

現在[編集]

  • 1997年(平成9年)12月、坂祝町が誕生100周年を記念し、二層城郭風の展望台が造られ、ハイキングコースとして整備されている。展望台からは日本ラインが見渡せる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文化と歴史”. 坂祝町. 2013年5月16日閲覧。

関連項目[編集]