猿の惑星シリーズの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
猿の惑星シリーズ > 猿の惑星シリーズの登場人物

以下は、アーサー・P・ジェイコブス製作のSF映画『猿の惑星』シリーズ、すなわち『猿の惑星』『続・猿の惑星』『新・猿の惑星』『猿の惑星・征服』『最後の猿の惑星』の登場人物の一覧。『猿の惑星』の原作となったピエール・ブールによるSF小説『猿の惑星』や2001年の映画『PLANET OF THE APES/猿の惑星』などは扱わない。

登場作品とキャスト[編集]

キャストの括弧内は日本語吹き替え。

登場人物 猿の惑星 (1968) 続・猿の惑星 (1970) 新・猿の惑星 (1971) 猿の惑星・征服 (1972) 最後の猿の惑星 (1973)
ヒト
ジョージ・テイラー大佐 チャールトン・ヘストン (納谷悟郎)
ジョン・クリストファー・ブレント少佐 ジェームズ・フランシスカス
ノヴァ リンダ・ハリソン
ルイス・ディクソン博士 ブラッドフォード・ディルマン
スティービー・ブラントン博士 ナタリー・トランディ
アルマンド リカルド・モンタルバン
オットー・ハスライン博士 エリック・ブレーデン
フレッグ ドン・マレー
マクドナルド (兄) ハリー・ローズ
コルプ サーバーン・ダーデン
マクドナルド (弟) オースティン・ストーカー
チンパンジー
コーネリアス ロディ・マクドウォール (富山敬/山田康雄) デイヴィッド・ワトソン (山田康雄) ロディ・マクドウォール (山田康雄)
ジーラ博士 キム・ハンター (平井道子)
マイロ サル・ミネオ
シーザー ロディ・マクドウォール
リサ ナタリー・トランディ
コーネリアス(シーザーの長男) ボビー・ポーター
オランウータン
ザイアス博士 モーリス・エヴァンス (熊倉一雄)
ヴァージル ポール・ウィリアムズ
マンデマス リュー・エアーズ
ゴリラ
ウルサス将軍 ジェームス・グレゴリー
アルドー将軍 クロード・エイキンス

ヒト[編集]

「猿の惑星」の人間は、原始人を思わせる毛皮で出来た粗末な服を着ている。言葉は一切話せず、文字通りの「獣」と化している。家畜同様の扱いで、去勢ロボトミーなどを始めとした様々な脳外科手術や動物実験などの実験台として利用されている。また、「野生」の人間をハンティングする「人間狩り」も猿(主にゴリラ)たちの間で趣味として存在している。その一方で、一部の人間は核戦争後の放射線による影響でミュータントと化しており、地下で永く潜伏しながら暮らしていた。彼らミュータントたちは独自のテレパシー能力を持っており、『続』ではコバルト爆弾「アルファ・オメガ」を神として崇めている。

ジョージ・テイラー大佐
『猿の惑星』『続・猿の惑星』に登場。ANSA宇宙船・リバティー1(イカルス号)の船長で宇宙飛行士。厭世的で偏屈な性格から宇宙飛行に参加し、猿の惑星にたどり着く。猿が決して足を踏み入れない「禁断の地」において、衝撃的事実を知る。その後、恋人ノヴァと連れ立って砂漠を放浪中に奇怪な現象に遭遇し、真相を確かめるべくノヴァを残して崖の底に消える。ミュータントたちに捕らえられるも、友人ブレントと再会する。人間と猿の戦闘中、起動させられたアルファ・オメガの発射を阻止しようと奮闘するが、ノヴァとブレントを立て続けに失ったうえに自身も狙撃で瀕死の重傷を負い、全てに絶望して死の間際に発射装置を作動させた。
ジョン・クリストファー・ブレント少佐
『続・猿の惑星』に登場。宇宙飛行士でニューヨーク出身。行方不明となったテイラー隊の救難の為に打ち上げられた、宇宙船・リバティー2の搭乗員。当初はブレントの他に、船長のドノバン・マドックス大佐(トッド・アンドリュース)も無事であったが、やがて死亡した。テイラーと別れた後のノヴァに会い、その後地下でテイラーと再会してミュータントたちによるアルファ・オメガの発射を阻止すべく行動し、ミュータントたちを掃討してその付近を制圧した猿の軍隊がアルファ・オメガを粗雑に扱い、爆発させかねない状況を見て反撃を開始した。その結果、ウルサス将軍の殺害には成功するものの、大勢の兵士たちからの掃射を浴びて死亡する。
ノヴァ
『猿の惑星』『続・猿の惑星』に登場。退化した人間女性の1人。自分を気に入ったテイラーに「ノヴァ」の名前をつけられ、同行する。テイラーの名前を呼べるようになった直後、猿の兵士に銃撃されて死亡する。
ルイス・ディクソン博士
生物学者。ジーラとコーネリアスに対して終始好意的。
スティービー・ブラントン博士
生物学者。ディクソン同様ジーラとコーネリアスに対して好意的。
アルマンド
コーネリアスとジーラに理解を示す、サーカス団の団長。コーネリアス夫妻から後のシーザーを託されて匿う。両親の死亡後はサーカスでシーザーを育てていたが、興行の宣伝のために訪れたニューヨークでふとしたことから管理派に目をつけられてしまう。
オットー・ハスライン博士
合衆国大統領科学顧問。公聴会におけるコーネリアス夫妻の発言から地球の終末を聞き出したことで、猿が支配者になった未来の地球がわずか2000年で滅亡すると見抜く。知的な猿の存在を危険視し、将来猿の指導者になりうる彼らの子孫共々抹殺しようと目論む。
フレッグ
人間が猿を奴隷同然に扱っていた時代におけるニューヨークの白人知事。ハスライン博士の残した資料から猿たちの力を恐れており、猿を徹底的に人間の管理下に置こうと目論む。オークションで購入したシーザーを、「言葉が分かる猿」と知るや処刑しようとするが、失敗する。シーザーたち猿の起こした反乱に対し、戒厳令を布告して鎮圧しようとしたが、逆に執務室まで攻められて捕らえられる。その後の生死は不明。
マクドナルド(兄)
猿管理局員。黒人出身でフレッグ知事の側近。猿の運命を黒人の歴史と重ねている為、猿が奴隷化されることには批判的である。シーザーが生き延びる手引きをしたが、彼が起こした反乱については否定する。
コルプ知事
ミュータント化した人間たちの指導者。『猿の惑星・征服』ではフレッグ知事の側近として、人間に歯向かう猿たちへの処罰を行なっていた。猿たちへの強い憎悪に凝り固まっており、核戦争で廃墟と化した都市の地下で、他のミュータントたちを率いてシーザーの村へ侵攻する。
マクドナルド(弟)
『猿の惑星・征服』に登場したマクドナルドの弟でシーザーの良き理解者。猿と共存する人間の代表者として、シーザーを補佐する。

チンパンジー[編集]

チンパンジーは、緑色の背広と茶色のズボンを履いている。猿社会の頂点に君臨するが、ゴリラやオランウータンより発言力は小さい。作品当時は、チンパンジーと人間との遺伝距離は現在ほど知られていなかった。『征服』では、緑の囚人服を着せられて労働を強制されている。

コーネリアス
考古学者で、猿の時代以前にいた者のことを研究している。人間に対して懐疑的だが、婚約者のジーラと共にテイラーを匿い、味方になる。テイラーと禁断の地の果てに同行したが、結局は猿社会に戻り、ブレントにも同様に保護を与える。親友の天才マイロの助けでジーラと共に宇宙船に乗り、過去の地球へ亡命できたが、後に未来の真相を知った人間の権力者たちに追い回される結果となり、射殺された。
ジーラ博士
動物心理学者兼獣医で、いかにして人間を猿に近づけるかを研究している。その為、非常に進歩的な思想を持っており、保守的なオランウータンや好戦的なゴリラから目の敵にされている。コーネリアスよりも人間寄りの考え方で、テイラーやブレントにも理解を示す。過去の地球へ亡命後にはコーネリアスの子を出産したが、自分たちの抹殺をもくろむ人間たちから逃げ回る中、射殺された。
マイロ
アマチュア科学者で、コーネリアス・ジーラ夫妻の知人。後に夫妻と共にテイラーのイカルス号に乗り、過去の地球へ辿り着く。研究所の檻に入れられた後、ここが過去の地球であることや、人間が高度な文明の担い手であった仮説が正しかったことをコーネリアスに告げるが、自分たちの知る未来の情報が人間たちの恐怖心を刺激することをも予見しており、夫妻と示し合わせ、「言葉を知らない」チンパンジーとして振る舞うように忠告する。しかし、「動物」としての扱いに耐えられなくなったジーラが言葉をしゃべったうえ、そのことについて夫妻と口論中、隣の檻にいた「普通の」ゴリラに捉まり、そのまま絞め殺されてしまう。ほとんど活躍の場はなかったとはいえ、その優秀な人物像は湖畔に沈んでいたイカルス号を再生して宇宙飛行を達成したことや、夫妻が息子にマイロと名付けたことで示されている。
シーザー
コーネリアスとジーラの長男。当初は両親から「マイロ」と名付けられたが、まもなく両親が死亡したために本人は知る由もなく、人間から差し出された辞書をランダムに指差して「シーザー」と名付けられた。猿の中で唯一人語を理解し、話すことができる。知略と統率力と行動力に溢れ、理知的で穏健な思考の持ち主。なお、反乱のために仲間を集める際には、言葉を使わずに呼びかける超常的な描写が見られる。マクドナルドやコルプからカエサルと同名であることを指摘され、「(信頼する部下の)ブルータスに殺された男だとも知らない癖に(そんな名前を名乗るとは)」と揶揄されている。チンパンジーの割には腕っぷしが強い方で、アルドーが唯一恐れる男でもある。
リサ
シーザーの妻。シーザーを支え、人間と猿の調和社会を築こうとするも、タカ派のアルドーや別の場所で生き残ったコルプたち人間の侵略の間で翻弄される。
コーネリアス(シーザーの長男)
シーザーの長男。両親やヴァージル、マクドナルド(弟)の教育で指導者にふさわしく成長しつつあったが、木の上からゴリラの反乱集会を盗み聞きしたところを見つかってしまい、アルドー将軍に枝を剣で切られて転落死する。

オランウータン[編集]

オランウータンは、オレンジ色のスーツを着ている。インテリかつ穏健派で、猿社会の調整役として描かれている。

ザイアス博士
科学庁長官で保守的な指導者層の一人であったが、禁断の地にかつて人間の文明が存在していたことを知っていた。その為に様々な隠蔽工作を図るが、結局テイラーの行動力の前に頓挫した。続編では急速に力をつけたウルサス将軍を排除することができなかった。老獪ではあるが本質的には剛毅な大人物。
ヴァージル
シーザーの友人で哲学者。あらゆる知識に精通した博識なオランウータンで、シーザーの良き補佐役として活躍するが、腕っ節は余り強くない。
マンデマス
銃火器の管理人をしている頑固一徹なオランウータン。(相手がシーザーでも)良識的な者にしか武器を貸さない信念の持ち主であったが、アルドー将軍の実力行使で武器を奪われる結果になる。

ゴリラ[編集]

ゴリラは、粗暴で権力欲の強いタカ派の軍人として描かれている。革製の黒いベストを着ており、常に棍棒リボルバー式拳銃を携行している。『猿の惑星』と『続』ではM1ガーランドM3サブマシンガンとよく似た銃に加え、石製の大砲で武装していた。『征服』では、オレンジの囚人服を着せられて労働を強制されている。

ウルサス将軍
猿の軍隊の指揮官。「猿は猿を殺してはならない」の掟を(渋々ながらではあるが)守る好戦的な軍人で、実質的に猿社会の兵権を完全に掌握している。猿社会に起こり始めていた飢餓問題の解決策を禁断の地への侵略に求めようとする。後に禁断の地に侵攻し、ミュータント化した人間たちを悉く殺戮する。
アルドー将軍
ゴリラたちの指導者。力づく以外の解決手段を好まない乱暴者。核戦争後の猿が人間を支配する関係ではなく共存して暮らすことに納得がいかず反乱を企てようとするが、シーザーの息子コーネリアスに聴かれたため「猿は猿を殺してはならない」の掟を破り彼を殺害。ミュータント化した人間たちとの戦争で、勝利を収めた直後にそのことが発覚し、憤激したシーザーに追い詰められ、粛清された。理由は不明だが、かつて、シーザーの父のコーネリアスが語った猿たちの救世主(最初に人間に抵抗した猿)と同名となっている。