猫 (フォークグループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
kurashiki
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォークソング
ニューミュージック
活動期間 1971年 - 1975年
2004年 -
レーベル 東芝音工
ODYSSEY/CBS SONY
FORLIFE
公式サイト http://www.nekomusic.net/
メンバー 常富喜雄
内山修

(ねこ)は、1970年代に活躍した日本フォークロックバンドである。
バンド名は、ビートルズザ・タイガースザ・スパイダースなど当時のバンドに多かった「動物・生き物系」を付けようとしたが決まらず、「猫でも犬でもいいだろう...」から「猫」に決まったという。
代表曲は「雪」「地下鉄にのって」「各駅停車」「僕のエピローグ」など。

当時の音楽誌が、このバンドを紹介するのに「ニューミュージック」と紹介したのがニューミュージックの語源との説がある[要出典]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

来歴[編集]

  • 1971年10月 - 早稲田大学のカレッジフォークグループ「ザ・リガニーズ」のメンバーだった常富喜雄、内山修と、「ジ・アマリーズ」のボーカルだった田口清によって結成される。
  • 同じ早大出身の後藤由多加吉田拓郎らと設立したユイ音楽工房に誘われ参加。
    拓郎のバックバンドを1年半務める。
  • 1972年3月9日 - 東芝音工より「人生なんてそんなものさ」でデビュー。
    その後CBSソニーに移籍し、吉田拓郎プロデュースで、拓郎自身の作詞作曲の「雪」「地下鉄にのって」、オリジナル楽曲の「昼下がりの街」「各駅停車」「僕のエピローグ」などをヒットさせる。
  • 1975年 - 3枚のアルバムを発売し、4枚目のアルバム『エピローグ』を最後に解散。
  • 1976年 - 常富が作曲したあおい輝彦の「あなただけを」が大ヒット。
  • 1982年 - 6月18日、渋谷Egg-manでの山田パンダ&山本コータロー「旧友再会フォーエバーヤングコンサート」にて、一夜限りの再結成。
  • 1985年 - オールナイト・ライブ「吉田拓郎 ONE LAST NIGHT in つま恋」にて、一夜限りの再々結成。
  • 1991年 - オリジナルメンバーの田口清が、42歳の若さで他界。
  • 2000年 - 南こうせつの番組「フォーク大集合」(NHK-BS2)にて一夜限りの再々々結成。
  • 2004年秋 - 田口清の十三回忌法要で、メンバーが集まったことがきっかけで、約30年の沈黙を破り再結成。
  • 2005年9月 - オリジナルアルバム「猫 5」(ネコ・ファイブ) を発売。
    ゲストに伊勢正三を迎え、原宿Blue Jay Westで発売記念ライブを行う。
  • 2008年3月 - 「猫 5」(ネコ・ファイブ) FLME盤を発売。
  • 2014年 - 2014年末よりニューアルバム「猫 6」(ネコ・ロク)の録音を開始する。
  • 2015年 - 11月21日(土)に浅草KURAWOODにて「猫 6」アルバム発売記念ライブが開催される。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 人生なんてそんなものさ / あなたの心に愛が生れた時 (1972.3.9)
    作詞:田口清 / 作曲:田口清 / 編曲:猫
    作詞:田口清 / 作曲:内山修 / 編曲:猫
  2. 雪 / 僕の庭 (1972.8.21)
    作詞:吉田拓郎 / 作曲:吉田拓郎 / 編曲:猫
    作詞:内山修 / 作曲:内山修 / 編曲:猫
  3. 地下鉄にのって / 片想いのブルース (1972.11.21)
    作詞:岡本おさみ / 作曲:吉田拓郎 / 編曲:猫
    作詞:田口清 / 作曲:田口清 / 編曲:猫
  4. 昼下がりの街 / 花屋のある通り (1973.6.21)
    作詞:岡田冨美子 / 作曲:常富喜雄 / 編曲:瀬尾一三
    作詞:田口清 / 作曲:田口清 / 編曲:瀬尾一三
  5. 戻ってきた恋人 / いけない子供 (1973.12.5)
    作詞:安井かずみ / 作曲:吉田拓郎 / 編曲:柳田ヒロ
    作詞:安井かずみ / 作曲:吉田拓郎 / 編曲:柳田ヒロ
  6. 各駅停車 / さびしい魔法使い (1974.3.21)
    作詞:喜多條忠 / 作曲:石山恵三 / 編曲:瀬尾一三
    作詞:常富喜雄 / 作曲:常富喜雄 / 編曲:猫
  7. バラ色の切符 / コスモス (1974.12.5)
    作詞:喜多條忠 / 作曲:瀬尾一三 / 編曲:瀬尾一三
    作詞:Mike Hazlewood / 訳詞:岡田冨美子 / 作曲:Albert Hammond / 編曲:瀬尾一三
  8. 僕のエピローグ / 君の心はおもちゃ箱 (1975.3.5)
    作詞:吉田拓郎 / 作曲:常富喜雄・大久保一久 / 編曲:猫
    作詞:Mike Hazlewood / 訳詞:岡田冨美子 / 作曲:Albert Hammond / 編曲:瀬尾一三

アルバム[編集]

  • 猫 (1972.12.21)
    雲めぐり / もう陽は昇らない / ぼくのじどうしゃ / 涙 / 片想いのブルース / 僕 / 地下鉄にのって (アルバムヴァージョン) / さよなら ムー / 歩いていようね / おとぎの国へ / さよなら僕は気まぐれ
  • 猫・二枚目 (1973.7.21)
    昼下がりの街 / 風死す / えくぼの唄 / 新婚白書 / 飛行場 / 運河のある町 / 小さな店で / 恋は恋 / KISS / 一人にはしないよ / 花屋のある通り
  • 猫・あなたへ (1973.11.21)
    さよなら宛の手紙 / ふるえているあなたに / あなたが一番美しく見えた時 / 坂道 / さびしい魔法使い / 各駅停車 (アルバムヴァージョン) / カラフルな君 / 一人で歩くのがいい / 読者の広場 / 君と行った遊園地 / いけない子供 / わたしの足音
  • 猫・エピローグ (1975.3.21)
    僕のエピローグ / 落日 / 朝の雨に帰る / 一人 ゆうべ / こんな夜に / 想いを翼に / 南の島行きの船 / 暮れの誓い / 訪ね人の詩 / あしたからの僕があるだけ / 友達だった奴らへ / 雪 (ニューヴァージョン)
  • 猫5 (2005.9.28) *自主制作盤
    雪 / Namida / 地下鉄にのって / マリン酒場 / 常春 / 各駅停車 / さよなら僕は気まぐれ / 時の贈りもの / 渚に残したもの / サンフランシスコ・ベイ・ブルース /
  • 猫5 スペシャルバージョン (2007.1.21) *自主制作盤
    雪 / Namida / 地下鉄にのって / マリン酒場 / 常春 / 各駅停車 / さよなら僕は気まぐれ / 時の贈りもの / 渚に残したもの / サンフランシスコ・ベイ・ブルース / ウタヲウタウ / カフェ・マンゴスチン / 花吹雪桜一家と申します / 涙
  • 猫5 フォーライフスペシャルエディション (2008.3.26)
    雪 / Namida / 地下鉄にのって / マリン酒場 / 常春 / 各駅停車 / さよなら僕は気まぐれ / 時の贈りもの / 渚に残したもの / サンフランシスコ・ベイ・ブルース / ウタヲウタウ / カフェ・マンゴスチン / 花吹雪桜一家と申します / 涙
    ※コスモス / たどり着いたらいつも雨降り(BONUS TRACKS/STUDIO LIVE)
  • 猫6 (2015.11.21)
    僕のエピローグ / わたしたちのうた / 駿河台下 / 歩いていようね / マイウェイ / 昼下がりの街 / エノケンのダイナ / 今を生きる / 人生なんてそんなものさ / 海原 / 雪 / 海は恋してる

映像作品[編集]

  • おんがく白書 猫 (2010.10.29)

※ライブ・インタビューのDVD

外部リンク[編集]