猫足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
猫足の椅子

猫足(ねこあし :Cabriole legs)とは、テーブルや椅子などの家具の脚の下部を内側に向けて湾曲させたデザインのこと。四足動物哺乳類の脚、特に有蹄動物の脚をまねたデザインを元としている。Cabrioleは、フランス語の「山羊のような跳躍」を意味する cabrioler を語源とする[1]

このデザインは、古代ギリシャ古代中国で見られたが、フランスイギリスオランダなどのヨーロッパでは18世紀初期に取り入れられた[2]。ヨーロッパではバロックルネサンス時代に、アカンサスをモチーフとした唐草文様の装飾が流行した。

また、生命力をイメージさせる天に向かって伸びる螺旋のデザインが、ルイ13世時代の家具デザインに好んで用いられた。ルイ14世の時代にはアカンサスを縦に引き延ばした波形が流行し、その造形が猫足のルーツとなった[3]ルイ15世の時代になると猫足はより優美に洗練され、椅子以外にもクローゼットやテーブルなどの脚部に盛んに取り入れられた。

19世紀後半には猫足のバスタブ(Clawfoot bathtub)がアメリカを中心に普及した。

脚注[編集]

  1. ^ Ernest Joyce and Alan Peters. Encyclopedia of Furniture Making. Sterling Publishing Company, Inc., 1987, pp. 208–221.
  2. ^ Encyclopædia Britannica – Cabriole Leg
  3. ^ 矢田部 2004, pp. 100-108.

参考文献[編集]

  • 矢田部英正『椅子と日本人のからだ』晶文社、2004年。ISBN 4794965966

関連項目[編集]