猫舌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

猫舌(ねこじた)とは、高温のものを飲食することが苦手とする偏食の形態である。猫が熱い食べ物を食べようとしないことになぞらえたものである[1]

昔は富裕層ほど多く、贅沢な食生活による影響や食わず嫌いが原因とされていたが、現在はさほど大差はない。現代では、食生活環境の影響により猫舌であるか、ないかが左右されている。

熱い飲食物に対舌の奥が熱さを感じにくい一方で舌先は熱さに敏感であるが舌の奥でも舌先でも感度に大差は無い。しかし、幼児、加齢により差は大きく異なる。

しかし、猫舌ではなくとも熱すぎるものは誰でも熱い。逆に熱すぎるものを無理矢理食べると口内粘膜が剥がれ落ちる他、食道も火傷するため、逆流性食道炎気管支炎の原因になる事もある。最悪の場合、粘膜が修復されて悪性の粘膜となるとの原因ともなる。

乳児には熱すぎる食べ物や飲み物は禁忌である。 猫舌ではあるが、乳児はまだ体温調整や外部の環境になれておらず、胎児の頃は口ではなく、臍帯を通して栄養を得ていたため、まだ体質が熱に敏感で慣れてないためである。 乳児や子供に無理矢理熱いものを食べさせ続けた場合、児童虐待となる。

猫舌を克服するためには、なるべく粘膜に当てないように舌の奥で食べることを意識すると克服出来る。しかし子供のうちは簡単に克服出来るが、ある程度成長した場合はなかなか難しい。ただしこれらの食べ方をすれば必然と音が出てしまう可能性があり[2]マナーの厳しいレストランでは冷めるのを待つ方が無難である。 例として、ラーメンを啜らず食べる国出身者は、教えられてもなかなか啜れず、コーヒーなどの飲料も啜ることができない[3]。むしろ音が出てしまう理由からむしろ猫舌の人は啜って飲食することを嫌う傾向が見られる[4]。しかし啜る行為は、「熱いものを早く食べるため」とされており、実際に啜って食べた方が程よくスムーズに食事が進む合理的なテクニックである。

脚注[編集]