猫将軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

猫将軍

  • 日本のイラストレーター。後述。
  • 中国の妖怪。詳しくは中国の妖怪一覧を参照。
猫将軍
生誕 1982年10月3日(32歳)
日本の旗 日本和歌山県
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 イラストレーター
この人に影響を
与えた芸術家
サルバドール・ダリマウリッツ・エッシャー荒木飛呂彦天野喜孝寺田克也

猫将軍もしくはNekoshowguN(ねこしょうぐん、1982年10月3日-)とは、日本のイラストレーターキャラクターデザイナーdigmeoutに所属している。和歌山県出身[1]。代表作として、氷室京介のアルバムCD『WARRIORS』のジャケットや、ロリポップチェーンソーのメインキャラクター、武器のデザインなどがある[2]


来歴[編集]

幼少期から絵を描くことを好み、ダリエッシャーなどから影響を受けた。高校を卒業した頃、自分の描いた絵をホームページに掲載し始めた。2004年、友人に勧められて大阪のFM局であるFM802の若手アーティスト発掘プロジェクトに応募し、オーディションを通過した。2006年には大阪で個展を開いてからもサンフランシスコなど海外でも活動している。また、2007年からニコニコ動画にlaich777というユーザー名で、二次創作作品やその過程を動画として投稿している[2]。使用する画材はペインターフォトショップなどのデジタルソフトから鉛筆やペン、マーカーを使用する[3]

作風[編集]

展示会ではサインペンによる一発書きのライブペインティングを行うなどしている。

作品[編集]

ゲーム[編集]

2003年

2004年

2005年

  • GuitarFreaksV DrumManiaV mushroom boy クリップアート

2006年

  • GuitarFreaksV3 DrumManiaV3 Ru-Ru-Ru クリップアート、螺子之人 クリップアート[5]

2007年

2008年

  • GuitarFreaksV5 DrumManiaV5 Rock to Infinity Mannequin クリップアート

2009年

  • GuitarFreaks V6 DrumManiaV6 Blazing!!!! Siren クリップアート、Driven Shooter クリップアート

2011年

2014年

ver.3.0 魔種:メデューサ、不死:黄泉神、シュトラ、
Ark-cell (ver.3.1) 人獣:黒獅子、海種:トリシューラ、セドナ
Twin Lance(ver.3.2) 魔種:ソドム、海種:ジライヤ、不死:ガルファス

書籍挿絵[編集]

2006年

  • アートブック『grafuck』参加

2007年

  • アートブック『Grafuck2』参加

2008年

  • 『pixivで学ぶイラストテクニック集』 Part 1 Making & Techniques メイキング#02

2012年

2013年

  • マチゲリータ『キャンディアディクトフルコォス』 朝日新聞出版

2013年

  • 『デジタル・イラスト MAKING BOOK プロが明かすイラスト制作テクニック!』MdN編集部編

2014年

イラストのゲスト参加。
  • マチゲリータ『キャンディアディクトフルコォス』 朝日新聞出版 朝日エアロ文庫版
  • 山田正紀『クトゥルフ少女戦隊』シリーズ

2015年

  • 『コブラ大解剖』 三栄書房 [8]
イラストを寄稿。

雑誌[編集]

2006年

  • 『BRUTUS』 カットイラスト

2007年

  • 『MdN』ポストカード用イラスト
  • 『barfout』表紙イラスト
  • 『カジカジHQ』カットイラスト

2008年

  • 『dpi』マガジン 6月号[9]
  • 『MdN』 8月号 アーティストファイル

2009年

  • 『MdN』7月号 あなたが知りたい技法を一挙掲載!見逃すな! イラスト描画テクニックのすべて

2010年

  • 『MdN』 4月号 理想のガールズ・イラストを描く方法
  • 『MdN』11月号 実力と個性をもーっと伸ばそう イラストを描く! その制作手法のすべて

2012年

  • 『MdN』1月号 MdN ILLUSTRATORS BOOK
  • 『MdN』4月号 how-to & study Photoshop Magic Factory 第19回 緻密な線画と絞り込んだ彩色で描き出す迫力あるワンシーン 

2013年

2014年

CDジャケット[編集]

CMのイラストも担当した。

PV[編集]

PV中でメンバーを描いた。

壁画[編集]

2003年

  • 創作中華料理屋『deff cha』

2004年

  • 中華ビストロ『福満屋』

舞台[編集]

2013年

その他[編集]

2002年

2004年

  • FM802タイムテーブル表紙

2005年

2006年

2008年

  • 『ニコニコ動画』漫画の達人PR企画参加

2009年

  • 『ARTEE』 Tシャツイラスト[11][12][13]
  • 『BEAMS』 Tシャツイラスト コブラ[14]
  • BAR「みつばち」& BAR「BLUE」 周年記念Tシャツイラスト

2011年

2012年

  • 『FM802/digmeoutカレンダー2012』
11月のイラストを担当した[16]

2014年

  • LINEスタンプ 『トカゲのトゲオアガマ』
  • 『digmeout 2015 カレンダー』12月[17]
  • 『DAMMY/猫将軍×DAMMYコラボパーカー』[18]

展示会[編集]

合同展[編集]

2004年

2006年

  • 『digmeout STRIKES BACK』 Compound Gallery[20]

2007年

2010年

digmeout factoryの一員として出品した。

2011年

2012年

2013年

デザイン創作は2013年9月から10月上旬、展示は2015年まで
  • 『スーク夏フェス × ART「HELLO This is DMOARTS」』[30]
スペシャルイベントとして、チアキコハラと共に「ネコチアキ」ライブドローイングが8月10日に開催された。

2014年 『digmeoutART&DINER 8th Anniversary Party!!!!!』[31]

chiaki kohara氏と共にネコチアキとして参加。

2015年 『お相撲展 大阪場所2015』digmeoutART&DINER 3月6日-3月23日[32]

個展[編集]

2006年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

2015年

作品集[編集]

  • 『猫将軍My First ART』[41]
  • 『ILLUSTRATION MAKING & VISUAL BOOK 猫将軍』翔泳社、2014年[42]

出演[編集]

  • 『野良猫うめびっちのポンバシ 擬似放談』
ラジオでは景品としてサイン付きイラストカードが出された[43][44]
  • 『rOtring800発売発表会』
ゲストとしてライブドローイングを行った[45]

脚注[編集]

  1. ^ 木村未来 (2012年6月22日). “平成の浮世絵「絵師」に熱狂せよ” (日本語). 読売新聞. 2013年7月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年7月11日閲覧。
  2. ^ a b Ashcraft, Brian (2012年10月1日). “The Sexy and Sadistic Nintendo Art of NekoshowguN” (英語). kotaku. 2013年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月16日閲覧。
  3. ^ 猫将軍 (2009年12月). “画材とか nekoblog”. 2013年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月11日閲覧。
  4. ^ 猫将軍 (2003年). “GUITARFREAKS 10thMIX drummania 9thMIX 『joker』” (日本語). KONAMI. 2013年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月11日閲覧。なおこれが彼女のこの業界における最初の仕事であった。
  5. ^ necoxia works 2013年4月30日閲覧。
  6. ^ 4Gamer.net2013年7月11日閲覧。
  7. ^ わしょ (2014年8月21日). “【書籍】悪ノP 新作ノベル 大罪シリーズ「悪ノ大罪 眠らせ姫からの贈り物」が発売!” (日本語). 初音ミク 公式ブログ. 2014年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月21日閲覧。
  8. ^ 「コブラ」大解剖したムックに荒木飛呂彦イラスト、虚淵玄インタビュー” (日本語). コミックナタリー (2015年3月11日). 2015年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月21日閲覧。
  9. ^ nekoblog
  10. ^ イラストノート No.30
  11. ^ nekoblog
  12. ^ nekoblog
  13. ^ nekoblog
  14. ^ nekoblog
  15. ^ nekoblog
  16. ^ FM802/digmeoutカレンダー2012販売
  17. ^ ハチコレ! > digmeout > 【予約】digmeout 2015カレンダー
  18. ^ DAMMY/猫将軍×DAMMYコラボパーカー
  19. ^ POWER GRAPHIXX
  20. ^ a b DMO ARTS 猫将軍個展/ Beasts
  21. ^ DIG ME OUT GROUP SHOW Nucleus Gallery
  22. ^ REDonePRESS
  23. ^ ‘Tokyo Love’ group show Strychnin Gallery
  24. ^ CINRA.net 五味岳久ら総勢23人のクリエイターが参加、相撲を愛する作家の『お相撲展・大阪場所』
  25. ^ ULTRA0052013年7月11日閲覧。
  26. ^ THE BEST OF DMOARTS2013年7月11日閲覧。
  27. ^ POP UP! DMOARTS2013年7月11日閲覧。
  28. ^ digmeout ART&DINER News 2013.9.29 (sun) digmeoutART&DINER 7th Anniversary Party!
  29. ^ Red Bull Ignition 2013
  30. ^ [1]
  31. ^ 2014.9.28 sun digmeoutART&DINER 8th Anniversary Party!!!!!
  32. ^ 2015.3.6(fri) – 3.23(mon) お相撲展 大阪場所2015” (日本語). digmeout ART&DINER (2015年2月23日). 2015年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月21日閲覧。
  33. ^ JUMPEI KAWAMURA illustration
  34. ^ nekoblog
  35. ^ digmeout ART&DINER Blog
  36. ^ DMO ARTS EXHIBITION
  37. ^ DMO ARTS 2013年7月11日閲覧。
  38. ^ OTOnaART Tumblr2013年7月11日閲覧。
  39. ^ DMO ARTS 猫将軍個展「Appetite for Madness」2013年10月12日閲覧。
  40. ^ 猫将軍個展「SHOW AT HIVE」” (日本語). DMO ARTS (2015年3月). 2015年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月21日閲覧。
  41. ^ 猫将軍My First ARTシリーズ
  42. ^ KAI-YOU 秋赤音と猫将軍の作品&技術を解説 豪華イラスト本2冊同時刊行
  43. ^ nekoblog
  44. ^ nekoblog
  45. ^ Discover Nekoshowgun

外部リンク[編集]

現在は作品のみ閲覧可能。