猪谷善一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猪谷善一(いたに ぜんいち、1899年2月15日-1980年1月16日[1])は、日本の経済学者。

富山県出身。1923年東京商科大学卒、同年助手、パリ留学をへて27年助教授、37年教授。1938年「最近日本貿易の伸展に関する実証的研究」で経済学博士。1939年退職、大阪商工会議所理事。亜細亜大学教授。1971年定年、駒澤大学教授。上田貞次郎に師事した[2]

妻の妙子は、幼女の頃より中勘助に愛された人として知られる(『中勘助の恋』富岡多恵子、創元社、1993)。中の学友・江木定男(江木鰐水の孫)とその妻・万世(関新平の娘で、定男の継母・悦子の妹でもあり、鏑木清方の代表作「築地明石町」のモデル)との娘で、お茶の水女学校を出て猪谷と結婚し出産もしたが、35歳で早世した。中谷多恵子の名で『進み行く娘達へ』の著書もある[3]

著書[編集]

  • 『経済学説の相対性』同文館 1927
  • 『朝鮮経済史』大鐙閣 経済生活研究 1928
  • 『日本資本主義 其歴史・機構・改造』日本評論社 1928
  • 『明治維新経済史』改造社 1928
  • 『アジヤ経済の展望』千倉書房 1931
  • 『世界経済学要論』森山書店 1932
  • 『亜米利加社会経済史』章華社 各国社会経済史叢書 1935
  • 『商業経済講話』三省堂 1935
  • 『日満支経済論』言海書房 1935
  • 『日本経済及経済政策』一元社 1937
  • 『戦時貿易・為替・物価論』一元社 1938
  • 『日本貿易論 最近日本貿易の伸展に関する実証的研究』科学主義工業社 1938
  • 『世界経済の再編成』一元社 1940
  • 『戦時経済と国策会社』大阪商工会議所 1940
  • 『南方経済論』一元社 1940
  • 『経済新体制確立の方嚮』大阪商工会議所 1941
  • 『戦時経済の再出発』一元社 1941
  • 『商工経済会の本質と使命』経済図書 1943
  • 『アメリカ経済史』桃山書林 1948
  • 『日本経済史』税務経理協会 1965
  • 『西洋経済史』税務経理協会 1966
  • 『金融論』文化書房博文社 1968
  • 『世界貿易の現段階』文化書房博文社 1968
  • 『経済史概論』文化書房博文社 1970
  • 『国際貿易の理論と政策』文化書房博文社 1970
  • 『経済随想』文化書房博文社 1975
編纂

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ "" 大島真理夫「1930年代の猪谷善一」
  3. ^ 『猪谷妙子傳』猪谷善一、1943