猪木アリ状態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

猪木アリ状態(いのきアリじょうたい)とは、総合格闘技において見られる現象・戦法である。

形態[編集]

一人が立った状態で、相手が寝ている、または脚を相手につきだして座ったまま膠着している状態をさして、「猪木アリ状態」という。一般的に打撃に長けた選手が立った側、寝技に長けた選手が寝ている側の場合発生することが多く、お互いがお互いの得意な立ち技、寝技での勝負に持ち込もうとしたままの状態である。

このポジションの時、寝ている方は相手に足を向け牽制を図る。立っている方の選手の膝の皿をキックで破壊したり、立っている選手の顎を蹴ってノックアウトしたケースも過去にはあるが、基本的には防御の体勢である。主にブラジリアン柔術を得意とする選手が総合格闘技でグラウンドの攻防に持ち込むため、この戦法を使うことが多い。伝統派空手の試合においても倒れた空手家はすぐにこの体勢をとる。そうしなければ、下段突きなどで一本をとられる危険が高い。

一方立っている方は相手の脚にローキックを繰り出す事が可能である。飛び掛ってグラウンドポジションを取ることは可能であるが、マウントポジションサイドポジションを取る事は容易ではない。大抵はインサイドガードポジションの体勢となり、そこから有利なポジションへ移行しなければならない。また、寝技を得意とする下の選手から三角絞め腕ひしぎ十字固めを仕掛けられるリスクがある。

猪木アリ状態では、寝ている側が比較的安全であり、立っている側がうかつに攻めに向かうと関節を取られかねないため、この状態になると両者が牽制し合い、膠着に陥る事が多い。そのため、プロ総合格闘技の興行においてはしばらく待って両者に動きが見られないと、レフェリーがブレイクを宣言し、両者を立たせた状態に戻して試合を再開させることが多い。この際、レフェリーが寝ている側を消極的と判断して、警告を与えて減点の対象にする事もある。

グラウンドポジションでの頭部への蹴り攻撃が許されていた総合格闘技興行PRIDEでは、頭部への膝蹴りを避けるためテイクダウンに失敗した選手がすぐに仰向けになって、猪木アリ状態となるケースも散見された。

UFCDREAMなどの興行では頭部への蹴りが禁止されているため、猪木アリ状態になることは比較的少ない。

由来[編集]

1976年6月26日に行われたアントニオ猪木対モハメド・アリの試合は、猪木の得意とするほとんどのプロレス技が禁止されていた。明文化されていた部分では、「頭突き、チョップ、サブミッションの禁止」。明文化されていなかった部分では「ロープブレイクの厳格化(体が軽くロープに触れただけでブレイク成立)、猪木側は片肘もしくは片膝をついた状態のみ攻撃が可能」というルールを飲まされていた。そのため、猪木は苦肉の策としてスライディング式のローキック(いわゆるアリキック)を放ち、必然的に蹴りの後、仰向けに寝た状態を作らざるをえなかったのである[1][2]。この一件から上記のような状態を「猪木アリ状態」と呼ぶようになった。

猪木アリ状態の打開[編集]

上側の選手のもっとも基本的で簡単な打開法は、寝技で密着し、パスガードすることである。問題は上側の選手が寝技が不得意などの理由で密着しない場合である。寝技を用いない打開方法としては以下のものが挙げられる。

下側の選手の打開法としては、ヘンゾ・グレイシーオレッグ・タクタロフノックアウトしたハイキックなどがある。

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献『週刊プロレスSPECIAL』Vol.1「日本プロレス事件史」(2014年、ベースボール・マガジン社刊)pp24 - pp31掲載「猪木$新間"黄金の日々"」(フリーのプロレス・格闘技ライター安田拡了による執筆)
  2. ^ 『週プロSP Vol1』pp30に付記の「ONE POINT」より抜粋

関連項目[編集]