猪子真実

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

猪子 真実(いのこ まみ、1980年4月4日 - )は、愛知県一宮市出身の女子競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第104期生。師匠は笠松信幸(84期)。

14/11/17 2014新橋イルミネーションフェスタにて

来歴[edit]

小学校2年からソフトテニスで活動し、愛知淑徳高等学校3年時には、高校総体(インターハイ)の団体戦3位に貢献した。しかし、ソフトテニスの活動は高校で「燃え尽きた」[1]として、ソフトテニスそのものを「卒業」した。高校卒業後は、一宮競輪場でアルバイトを行っていた。ひいてはこのことが、後にガールズケイリンの選手を目指すことに繋がっていく。

その後は一宮の会社に就職。その傍ら、マラソンに取り組んだり、ネイルアーティストの検定資格を得るなどしたが、知人から、女子競輪が復活するという話を聞いた。もっとも、年齢は既に30を過ぎていたことから一時は躊躇ったが、先輩期にあたる競輪学校102期生の受験動向を踏まえ、自分よりもはるかに年齢が上の合格者が誕生したこともあり、同校104回を受験することを決意。

2011年12月16日、日本競輪学校第104回(女子第2回、技能)試験に合格[2]

2013年3月29日、競輪学校を卒業。在校競走成績は第14位(2勝)[3]。同年5月10日京王閣競輪場でデビューし7着。同年6月2日和歌山競輪場で初勝利を挙げた[4]

脚注[edit]

外部リンク[edit]