猪名石前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

猪名 石前(いな の いわさき、生年不詳 - 和銅7年1月11日(714年1月31日))は、飛鳥時代から奈良時代にかけての貴族真人近江守韋那磐鍬の子。官位従四位下右京大夫

経歴[編集]

正五位下に叙せられたのち、大宝3年(703年備前守に任ぜられる。備前守在任中の大宝4年(704年天皇神馬を献上したところ、宮中の西楼上に慶雲が立ち上ったとことから、慶雲への改元が行われるとともに、神馬献上の功績により正五位上に昇された。

和銅元年(708年右京大夫に任ぜられて京官に復し、和銅4年(711年従四位下に至る。和銅7年(714年)1月11日卒去。最終官位散位従四位下。

官歴[編集]

続日本紀』による。

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鈴木真年『百家系図』巻59,為奈真人姓

参考文献[編集]