猛十八卓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
猛十八 卓 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 有澤 → 竹十葉 → 猛十八
本名 有澤 卓利
生年月日 (1984-03-11) 1984年3月11日(34歳)
出身 石川県かほく市
身長 171cm
体重 118kg
BMI 40.35
所属部屋 宮城野
成績
現在の番付 引退
最高位 西三段目88枚目
生涯戦歴 244勝247敗34休(76場所)
データ
初土俵 2002年1月場所
引退 2014年9月場所
備考
2014年10月1日現在

猛十八 卓(たけとば たく、1984年3月11日 - )は、石川県河北郡宇ノ気町(現在のかほく市)出身で、宮城野部屋所属の元大相撲力士。本名は有澤 卓利(ありさわ たくと)。身長171cm、体重118kg、血液型A型。最高位は西三段目88枚目(2010年11月場所)。

来歴[編集]

実家は大家族であり、10人きょうだいの2番目として生まれた。引退時の四股名の「猛十八」の十八は、下に8人いる(プラス八)という意味が込められている。[1]幼少期から相撲を初め、高岡向陵高校在学中は相撲部に在籍していた。宮城野親方(元幕内竹葉山)のスカウトを受けて宮城野部屋に入門し、高校卒業間近の2002年1月場所で初土俵を踏んだ。初土俵時の四股名は「有澤」で、同期生には琴奨菊豊ノ島らがいる。

序二段だった2003年1月場所を怪我で途中休場すると、そのまま長期休場を余儀なくされる。翌3月場所を公傷休場したが、5月場所以降も土俵復帰はできず、番付外降下を免れるため、序ノ口に落ちた同年7月場所は7番相撲だけの出場となった。翌9月場所で本格的に復帰し、序二段に復帰した翌11月場所から四股名を「竹十葉」に改名する。しかし改名3場所目の2004年3月場所を全休するなど怪我との闘いもあり、序二段で一進一退することが続く。験直しのため2009年5月場所で「猛十八」に改名すると、2010年11月場所では三段目に初昇格を果たしている。2014年9月場所限りで現役引退。[2]引退後は政治家の秘書を目指すという。[1]

兄弟子である白鵬の付け人も務めていた。

主な成績[編集]

  • 通算成績:244勝247敗34休(76場所)
猛十八 卓
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2002年
(平成14年)
(前相撲) 東序ノ口35枚目
4–3 
東序二段114枚目
3–4 
東序ノ口5枚目
4–3 
東序二段99枚目
4–3 
西序二段70枚目
3–4 
2003年
(平成15年)
東序二段90枚目
3–1–3 
西序二段97枚目
休場
0–0–7
西序二段97枚目
休場
0–0–7
東序ノ口27枚目
1–0–6 
西序ノ口30枚目
4–3 
東序二段112枚目
4–3 
2004年
(平成16年)
西序二段82枚目
3–4 
西序二段95枚目
休場
0–0–7
東序ノ口7枚目
4–3 
西序二段108枚目
4–3 
西序二段80枚目
3–4 
西序二段99枚目
5–2 
2005年
(平成17年)
東序二段54枚目
1–6 
西序二段94枚目
5–2 
東序二段47枚目
4–3 
西序二段25枚目
3–4 
西序二段47枚目
2–5 
西序二段71枚目
3–4 
2006年
(平成18年)
東序二段95枚目
3–4 
西序二段110枚目
6–1 
西序二段30枚目
3–4 
東序二段53枚目
4–3 
東序二段32枚目
1–6 
東序二段73枚目
4–3 
2007年
(平成19年)
東序二段46枚目
5–2 
東序二段9枚目
2–5 
西序二段42枚目
3–4 
西序二段58枚目
4–3 
西序二段35枚目
4–3 
西序二段13枚目
2–5 
2008年
(平成20年)
東序二段47枚目
2–5 
西序二段77枚目
2–1–4 
東序二段108枚目
6–1 
東序二段28枚目
3–4 
西序二段51枚目
2–5 
西序二段81枚目
4–3 
2009年
(平成21年)
東序二段56枚目
5–2 
東序二段16枚目
1–6 
西序二段60枚目
3–4 
東序二段85枚目
5–2 
東序二段39枚目
3–4 
西序二段59枚目
3–4 
2010年
(平成22年)
東序二段86枚目
4–3 
東序二段54枚目
5–2 
東序二段16枚目
2–5 
西序二段45枚目
5–2 
東序二段6枚目
4–3 
西三段目88枚目
2–5 
2011年
(平成23年)
西序二段16枚目
3–4 
八百長問題
により中止
東序二段39枚目
3–4 
西序二段46枚目
2–5 
西序二段75枚目
4–3 
東序二段46枚目
3–4 
2012年
(平成24年)
西序二段70枚目
5–2 
西序二段29枚目
3–4 
東序二段54枚目
3–4 
東序二段79枚目
5–2 
西序二段37枚目
3–4 
西序二段60枚目
5–2 
2013年
(平成25年)
西序二段21枚目
4–3 
東三段目100枚目
2–5 
西序二段37枚目
5–2 
西三段目100枚目
2–5 
東序二段30枚目
4–3 
東序二段14枚目
2–5 
2014年
(平成26年)
西序二段46枚目
4–3 
東序二段18枚目
4–3 
東三段目100枚目
3–4 
東序二段18枚目
4–3 
東三段目98枚目
引退
2–5–0
x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴[編集]

  • 有澤 卓利(ありさわ たくと) 2002年1月場所 - 2003年9月場所
  • 竹十葉 卓利(たけとば -) 2003年11月場所 - 2009年3月場所
  • 猛十八 卓(たけとば たく) 2009年5月場所 - 2014年9月場所

脚注[編集]

  1. ^ a b ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2014年10月号(秋場所総決算号) 93頁
  2. ^ 元小結若荒雄ら12人が引退 産経ニュース 2014年10月1日(2014年10月1日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]