狼の星座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狼の星座』(おおかみのせいざ)は、横山光輝による日本漫画作品。1975年から1976年にかけて『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載。朽木寒三小日向白朗を取材した小説『馬賊戦記 - 小日向白朗蘇るヒーロー』(1966年刊行)をもとに描かれた作品である[1]

概要[編集]

大正期~昭和初期の中国東北部を舞台に、主人公の大日向建作が馬賊となり、やがて多くの馬賊をまとめるリーダーになるまでを描いた漫画である。モデルは実在の日本人馬賊「小白竜(シャオパイロン)」こと、小日向白朗で、また、作中に実在の日本人馬賊伊達順之助なども登場する。横山は執筆にあたって当時まだ存命だった小日向に取材をしている。

ストーリー[編集]

明治時代後半。新潟県のとある村で謎の病気で死にかけた大日向建作という赤ん坊がいた。医者も匙を投げたほどの容体だった建作は、ダメもとで頼んだ祈祷師の祈りで死を免れる。建作の容態が落ち着くと、祈祷師は「この子はゆくゆくは多くの人を束ねる人間か、大泥棒になる人相だ。それが嫌なら、6歳まで女の子として育てなさい」と建作の両親に言った。両親は祈祷師のいうままに6歳まで彼を女の子として育てた。6歳に男に戻った建作は小学生に入ると、持ち前の頭の良さと腕っ節でガキ大将として知られるようになる。この頃から、彼はいつか中国に行きたいと思うようになる。

やがて義務教育を終えた建作は中国旅行の軍資金を貯めるため、東京「三河屋」に丁稚勤めをはじめる。 ある日、得意先の日本陸軍将校・山部の邸に御用聞きに行った建作、初めて本物の拳銃を見る。そしてそれを撃たせてもらう。 初めて拳銃を撃った建作は反動で後ろにひっくり返る。それを見て笑う山部・・・しかし建作はその感触に感動する。 時は第一次大戦当時。物の需要消費は拡大。商人は利を求めて買占めに走る。 商人は大儲け。「成金」となり銭をまく一方、庶民は1杯のご飯も食べられない状況に・・・ ついに各地では困窮した庶民が決起、打ち壊しや米騒動が各地で起こる。 勤めていた店を襲撃され、建作は別の方法で金を貯めることとする。次に彼が目をつけたのは第一次世界大戦の影響で日本で不足しつつあった金属であった。建作は大量のドラム缶を入手し、それを鉄の板に加工したものを業者に持って行き、一財産築くことに成功する。建作は財産の大半を両親に与えた後、残りを中国旅行の軍資金とし、中国へ出かけて行った。 しかし何のあても無い旅・・・しかし旅先の天津で山部と偶然に再会、建作はその上司である坂西利八郎大佐の下で働きつつ中国語などを学ぶことになった。

それから数年後、建作は坂西大佐の命令でスパイとして内蒙古の調査を命じられ、内蒙古へ出発する。だが、その途中、馬賊に襲撃され、捕虜となってしまった。馬賊の捕虜になった建作は中国人たちから「小東洋(シャオトンヤン=日本の小僧)」という通称を与えられ下働きをしていたが、とある襲撃作戦に参加し、功を挙げたことから大攪把(ターランパ=馬賊の頭目)に認められ、数人の部下を持つ包頭(パオトウ=小隊長クラス)に抜擢される。その中で彼は拳銃の才能を伸ばし、やがて所属する馬賊でも屈指の拳銃使いとなった。その後、とある戦闘で大攪把が、流れ弾に当たって重傷を負って死亡。次の大攪把を決める儀式(占い)より、後継者と有力視された副頭目(張何某)を差し置いて大攪把に任命される。 彼は住民の命と生活を守るため、自分の使命を果たして行くのであった。

登場人物[編集]

大日向 建作(おおひなた けんさく)
主人公。通称小東洋。赤子の頃に謎の病気で死線を彷徨い、その病気を治した祈祷師の助言で6歳まで女の子として育てられる。小学生の時、中国旅行をするという望みを抱き、東京に出て一財産を築き、その金を軍資金に中国旅行に出かける。そこで丁稚時代の得意先であった陸軍将校の辺と再会い彼の上司の坂西大佐の居候になる数年後、坂西大佐の指示で内蒙古調査の旅にでるが、その最中に馬賊に捕まり捕虜となる。その後、襲撃作戦に参加して活躍したことから包頭に抜擢され、やがて頭角を表し、大攪把の死後は前大攪把の跡を継ぐ。何度も窮地に陥りつつも強運と実力でくぐり抜けるが、やがて今までに殺してきた人間たちの幻覚に悩まされるようになり、寺院に入り心の修行に数年を費やす。やがて心の病を克服した建作は様々な悪事を行っていた小菊花を倒し、かつての仲間たちを集結させて満州でのさばり乱暴狼藉の限りを尽くしていた軍閥連合を倒し、仲間から総攪把(ツォンランパ)と呼ばれるようになった。性格は主人公らしく正義感が強く、困った人達を見捨てておけない性格。かつての味方でも裏切れば射殺することもあるが、後にそれが原因で心を病んだ。博打は下手。部下に持ち金を巻き上げられた事もあり。
黄(おう)
「包頭(パオトウ)」と呼ばれる馬賊の小隊長。現場指揮者。一人旅をしていた建作を襲撃し、本拠地に連行して建作の馬賊入りのきっかけを作る。最初は悪態をつく建作に粗雑な扱いをし、彼の潜在能力を見出せずにいたが、根が優しく面倒見もよく、日本人の建作に馬賊の実態を説明し、様々なしきたりや技術を指導した。建作をかわいがり、あらゆる面でサポート。建作が大攪把に出世すると、副頭目としてよく補佐した。建作が最も信頼した人。
朱銀鈴(しゅ ぎんれい)
金持ちの朱大人の娘。家への帰路を軍閥の手下に襲われていた最中に建作に助けられたのがきっかけで恋仲になるが、建作が不在の隙をつかれて軍閥の有力者にさらわれる。その後、身も心も有力者に売渡し、建作を罠にはめようとするが、逆に射殺され、父の朱大人に忘八蛋(ワンパータン:人でなしの意)と嘆かれた。その名は101の王銀鈴の元ネタ。同時に『馬賊戦記』の朱銀鳳をモデルとしている。
小菊花(シャオジイホワ)
盗賊。幼少時より女性と見紛うほどの美しい容貌をしていたが、残酷な性格であったため、寺院に入れられる。しかし、そこで拳法に天賦の才を見せたことからますます手が付けられなくなり、寺を破門される。以降、かねてより配下に置いていたゴロツキと徒党を組んで強姦などの乱暴狼藉の限りを尽くすが、建作によって倒された。

脚注[編集]

  1. ^ 『狼の星座』第1巻のあとがきより。