狭布里錦太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狭布里錦太夫(きょうのさときんだゆう、1859年7月11日(安政6年6月12日)-1926年6月28日)は、伊勢ノ海部屋に所属した元力士。本名は関喜市(旧姓本橋)。現在の茨城県筑西市(旧真壁郡)出身。170cm、81kg。最高位は東前頭3枚目。

経歴[編集]

1883年1月初土俵、1890年5月十両昇進。四股名の狭布里錦太夫とは、部屋の先輩である柏戸宗五郎 (3代)が若い時分に名乗っていたもの。1896年1月に入幕してからは連続17場所、44歳まで幕内に在位したが、1904年5月に十両に陥落。1905年1月に廃業した。

成績[編集]

  • 幕内17場所40勝88敗23休19分預

改名[編集]

海老ノ海→狭布里錦太夫 [1] [2]

出典 [編集]

  1. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3537&l=j
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709