独露再保障条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドイツの歴史
Coat of arms featuring a large black eagle with wings spread and beak open. The eagle is black, with red talons and beak, and is over a gold background.
この記事はシリーズの一部です。
再統一後のドイツ
関連項目
オーストリアの歴史

ドイツ ポータル
· ·

独露再保障条約(どくろさいほしょうじょうやく、: Rückversicherungsvertrag: Договор перестраховки)は、1887年6月18日ドイツ帝国ロシア帝国の間に結ばれた秘密条約で、ビスマルクの保障体制の重要な環をなす。再保険条約とも二重保障条約ともいう。

バルカン半島を巡るオーストリア=ハンガリー帝国とロシア帝国の対立によって三帝同盟が崩壊した後、ロシアとフランスが接近してドイツが二正面作戦を強いられる恐れがあった。ビスマルクはロシアのフランスへの接近を妨げるためこの条約を結んだ。

条約の内容は次の通りで、期限は3年であった。

  • ドイツはロシアのブルガリア東ルメリアにおける優越権を認め、ロシアのボスポラスダーダネルス両海峡占領の場合に外交的支持を与えることとして、ロシアのバルカン進出を認める。
  • 締約国の一方が第三国と戦争する場合、他方が好意的中立を守る。

この条約により、ドイツはロシアとフランスの双方に対する保障を得ることができた。これが普通「二重保障」条約と呼ばれるのは、独墺同盟による東方に対する保障を得、対立するロシア・オーストリアを共にドイツに結びつけたからである。ただしこの条約の締結はオーストリアへの通告なしに行われた。

1890年、この条約の満期に当たり、ロシア側では更新を望んだが、ビスマルクの引退後のドイツはこの更新を拒絶したため、まもなくロシアはフランスと同盟を結ぶにいたり、ビスマルク体制は崩壊し始めた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]