独角じ大王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「獨角兕大王」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

獨角兕大王(どっかくじだいおう)は、中国伝奇小説西遊記』に登場する魔王。青牛怪(せいぎゅうかい)とも。金兜山金兜洞(きんとうざんきんとうどう)を住処としている。

点鋼槍(てんこうそう)と言う長槍を武器とする他、相手の武器を奪い取ることのできる白く光る輪「金剛琢(こんごうたく)」を所持している。

本相は太上老君の乗り物である青牛で、太上老君の目を盗んで下界に逃げてきた。つまり、金剛琢も本来は太上老君の物である。

エピソード[編集]

獨角大王に三蔵たちを捕えられた孫悟空は、獨角大王に勝負を挑むも金剛琢により如意棒を奪われたため退却する。

その後、天界に太子を始めとする援軍を要請するも、獨角大王の金剛琢で次々に武器を奪われてしまった。

万策尽きた頃に、如来から「太上老君を頼れ」との助言を伝えられる。太上老君に事情を話した所、獨角大王の正体が判明した。そして、獨角大王を誘き寄せ、太上老君の力で捕えることに成功する。

これによって獨角大王は元の青牛に戻され、太上老君に引かれながら天界に帰っていった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]