国立病院機構九州医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構九州医療センター
National Hospital Organization Kyushu Medical Center.JPG
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構九州医療センター
英語名称 National Hospital Organization Kyushu Medical Center
前身 国立福岡中央病院
国立久留米病院
国立病院九州医療センター
標榜診療科 内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、脳血管神経内科、精神神経科、小児科、外科、呼吸器外科、心臓外科、血管外科、脳神経外科、整形外科、形成外科、小児外科、眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、放射線科、麻酔科 アレルギー科、リウマチ科、リハビリテーション科、歯科、歯科口腔外科
許可病床数

702床
一般病床:650床
精神病床:50床


感染症病床:2床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 村中 光(院長)
開設年月日 1994年7月1日
所在地
810-8563
位置 北緯33度35分33秒
東経130度21分39秒
二次医療圏 福岡・糸島
PJ 医療機関
テンプレートを表示

独立行政法人国立病院機構九州医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうきゅうしゅういりょうセンター)は、独立行政法人国立病院機構が運営する医療機関であり、福岡市中央区地行浜(シーサイドももち)に位置する病院。

国立福岡中央病院と国立久留米病院を統合移転して1994年(平成6年)に開設された。福岡ドームに近接する。

主な機能[編集]

沿革[編集]

  • 1985年(昭和60年)8月8日 - 国立病院療養所再編成計画が策定され、国立福岡中央病院と国立久留米病院の統合方針が示される。
  • 1990年(平成2年)11月7日 - 現在地で新築第一期工事着工。
  • 1994年(平成6年)7月1日 - 国立病院九州医療センターとして開院。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 独立行政法人国立病院機構の発足に伴い現名称に改称。

附属施設[編集]

  • 福岡看護助産学校

所在地・アクセス[編集]

〒810-8563 福岡市中央区地行浜1丁目8番地1号

  • 福岡市地下鉄空港線唐人町駅または西新駅より徒歩15分。各駅最寄りの「西新パレス前」「唐人町」停留所から西鉄バスの利用も可能。
  • 西鉄バス 福岡タワー(TNC放送会館前)行きに乗車し「九州医療センター」停留所で下車。西鉄福岡(天神)駅博多駅をはじめ各方面からのバスが発着する。都心方面からは都市高速経由の利用が早い。
    • 病院構内には「医療センター場内」停留所もあるが、こちらは藤崎方面への折り返し場となっている。こちらを始発するバスは上述の「九州医療センター」停留所にも停車する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]