独弦琴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

独弦琴(どくげんきん、中国語ではドゥシェンチン)は、中国京族およびベトナムに伝わる楽器

弦楽器の一つで、木材にスチール弦を張り、一方はその木材に、もう片方はプラスチック製のレバーに結び付けたもので、その名の通り、が1本しかない。演奏方法は、左手にを持ち、右手はレバーに添えて、左手で弦の1/3~1/8位のところに触れて演奏する、ハーモニクス奏法を使って音を出す。元女子十二楽坊のレイ・インも、演奏家のひとりである。ベトナムに似た楽器のダン・バウがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、独弦琴に関するカテゴリがあります。