独島警備隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

独島警備隊(トクドけいびたい、독도경비대、トクトギョンビデ)は日本が領有権を主張している竹島(韓国名:独島)に常駐している韓国の警察部隊である。

概要[編集]

慶尚北道地方警察庁に属しており、島に常駐しているのは約40名。警察部隊とされている。独島警備隊の隊員は戦闘警察と同様、徴兵制度によりいったんに入営した兵士のなかから選抜され、軍の施設で訓練をうけ、出向のかたちで警察官の身分が付与される。装備は韓国陸軍制式に準じており、竹島には対空機関砲が装備されている。階級も警察の階級ではなく軍隊の階級に準じている。

このような組織体系になっている理由はいくつかある。

  • 事実上の国境警備隊であるため。国境警備隊は軍隊ではなく準軍事組織(警察)であることが多い。
  • 日本をはじめとする国際世論を考慮して、対外向けには「軍事占領」ではなく「島内の治安維持」を駐留の理由にするため。
  • 韓国国内向けには「軍が駐屯してもよいが、国内の治安をつかさどる警察が駐留している事実こそが、竹島が争いのない韓国領であり、韓国が竹島を平和裏に統治している表れである」と説明するため。

近年の動き[編集]

2006年慶尚北道知事は韓国政府に対し独島警備隊にかわって韓国軍の駐屯をもとめる意見をあきらかにした。一部のウリ党国会議員活貧団などの市民団体もおなじような発言をおこなっている。

なお、東島の独島警備隊の隊舎付近では近年おおきな亀裂が30か所以上みつかっており崩落の危険もあるとされている。人工建造物をつくりすぎたのが原因といわれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]