狩野永章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狩野 永章(かのう えいしょう、宝暦11年(1761年) - 没年不詳)は日本江戸時代後期に活動した京狩野に属する絵師。前名は景山守俊(洞玉)で、名は守俊、字は伯峯、号は洞玉。実子に京狩野9代目になった狩野永岳と、狩野永泰、孫に永泰の子・冷泉為恭がいる。

略伝[編集]

備後国出身。後に上京し京狩野家に入門し、狩野姓と永章の名をもらったと考えられる。京都の人名録『平安人物志』画の部には、文化10年(1813年)版、文政5年(1822年)版、文政13年(1830年)版の3度掲載されている。更に、文化10年版と文政5年版の記述より、この間に法眼位を得ているのがわかる。息子の永岳は京狩野に新風を起こし活躍した絵師であるが、その影には父・永章の支えがあったと想定される。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款 印章 備考
龍図 眞念寺(近江八幡市)(滋賀県立近代美術館寄託 1827年(文政10年) 法眼洞玉筆 「狩野永章號洞玉斎」白文方印・「山響」朱文方印 本図と下記の「天下和順図」は元は眞念寺書院襖絵で、両者は裏表になっている。
天下和順図 眞念寺(近江八幡市)(滋賀県立近代美術館寄託) 1827年(文政10年) 「狩野洞玉斎(以下不明)/行年六十七歳筆」「文政十丁亥之夏應需/□□眉間毫翁所畫」 「狩野永章號洞玉斎」白文方印・「山響」朱文方印、印文不明関房印・印文不明朱文方印 「天下和順図」とは『無量寿経』の一節を絵画化したもの。眉間毫翁とは高田敬輔の号の一つで、永章は敬輔の絵を参照して本作を描いたと考えられる。
群猿図天袋貼付 妙心寺春光院
赤壁図襖 妙心寺大雄院 法橋洞玉
雲龍図 個人[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『狩野派と名古屋城四〇〇年』名古屋城管理事務所、2010年、第20図。

参考文献[編集]

関連項目[編集]