狩野力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

狩野 力(かの つとむ、1892年 - 1934年)は、日本造園家大正から昭和初期に官庁造園技師として活躍した。また児童公園の実証的研究では大屋霊城と双璧をなす人物である。福岡県生まれ。

経歴[編集]

1916年(大正5年)、東京帝国大学農科大学農学科卒業後、恩師の造営局参与東大教授原煕の推挙で大屋霊城、林学の中島卯三郎らと明治神宮造営局林苑課技手採用となり、林苑課の農学系主任技師折下吉延のもとに、翌年には造営局外苑課に勤務。

1919年(大正8年)ごろ愛知県土木部に造園技師として赴任し、1920年内務省組織の都市計画愛知地方委員会技師を兼任、都市計画創草期、愛知県の都市計画業務に邁進することになる。特に名古屋市の公園計画策定では、都市計画法施行後の大都市公園計画としては、東京横浜に続くもので、1925年1月原案作成、愛知地方委員会に附議されたのち1926年1月内務省告示をみた。

この間の1930年(昭和5年)から翌年にかけて、市内の小公園を対象に研究をすすめ、来遊する児童の実態を把握し、児童遊園人口当りの坪面積を算出し発表している。またこの時期愛知地方委員会技師であった石川栄耀と共に、耕地整理法を準用した土地区画整理事業における公園保留地問題をも研究、これを一種の受益者負担とみて造成を勧奨する指針を打ち出す。

1933年、名古屋市土木部に公園課が設置され、それに伴い、初代の名古屋市公園課長に就任するが、在職1年に至らずして、翌年逝去する。

参考文献[編集]

  • 名古屋市緑政局資料
  • 日本公園緑地発達史 佐藤昌 都市計画研究所発行